HERZとRESO.のランドセル

息子、新一年生になりました。

leather_bag001
「サッチェルバッグを買う?それとも普通の安いのにする?」と、長い間の懸案事項だったランドセル問題は、渋谷に店を構えて40余年の革工房HERZのおかげで見事解決。

それがご縁で「大人になっても使い続けたくなるランドセル」という記事も書きました!

leather_bag005leather_bag003leather_bag007
HERZの定番ランドセル↑は十分にかわいいのですが、うちの場合、できればもっとboxyでもっとシンプルなのがいいと思っていて。HERZグループの中でオーダーメイドを専門に扱うRESO.で相談に乗ってもらうことにしたわけです。

nezu reso1

作ってくださったのは、笑顔がステキなRESO.の根津さん。この道30年以上のベテラン職人です。秋(10月の終わりぐらいだったかな?)に最初の相談に行き、その場でラフスケッチを描いていただきました。

_DSC0945 のコピー
今回は取材を兼ねていたので製作行程も見ることができ、とても感動。手づくり、というのはわかっていたけれど、本当に、すべて手作業なんです。当たり前なんだけど‥。革をカットし、太い針で縫い合わせていくひとつひとつの作業が本当に丁寧で、何度「わー!すごい!ありがとうございます」と言ってしまったかわからないくらい(笑

簡単にではありますが、その丁寧な手仕事の一部をご紹介しますね。

_DSC0934 のコピー
木戸上家のランドセル用、型紙。偶然にも、ベースになった型はカメラバッグ! 卒業後はパパのカメラバッグとして活躍か!?(本人は「誰にもあげない、ボクがずっと使うから!」と言ってますが)

_DSC0939 のコピー
型紙をもとに「けがき」の作業。革にあたりを付けて型紙を転写していく感じです。

このあと、革表面の下処理をしたり、背面になる部分に樹脂板を貼付けて強化したり、感性に向けて必要な細かい作業が手際よく丁寧に続きました。

_DSC0952 のコピー_DSC0959 のコピー
ものすっごい太い針の業務用ミシンで縫製。HERZのバッグは「こわれないこと」が信条なので、糸も極太。これを縫えるのは、このミシンしかない、というくらいのパワーなのだそう。当然、穴があくわけですからやり直しもききません。機械なのでクセもあります。根津さんぐらいのベテランになると、傍目にはラクラク作業をされているようにしか見えませんが、かなり神経を遣う作業なのです。

_DSC0957 のコピー_DSC0968 のコピー
金具も(当たり前だけど)ひとつひとつ手で付けていきます。穴をあけるのも(当たり前だけど!)手作業。 HERZのカバンは真鍮の金具が定番なのですが、今回は根津さんがわが家のリクエストに応じてくださって、シルバー!やった!!

_DSC0967 のコピー
名前を入れてくださる!ということで、最初はTOKIWAにしようかな、とも思いましたが、卒業後は私かシゲさんがおさがりをもらうかもしれないので、誰が使ってもいいようにKIDOUEと刻印してもらい、サイドに留め具で付けていただきました。これがまたかっこいい!と、トッキーも大喜び。

_DSC0142 のコピー
ひとつのカバンの中でも使う場所によって革の厚みを変えていたり(たとえば今回のランドセルでは4種の革を使い分けているそう!)、糸のほつれどめの処理にも細心の注意を払ったり、こわれにくさと使いやすさに配慮した細やかな工夫がされています。

leather_bag014

ランドセルが、6年間限定ではなく、一生使えるカバンになる。ただただ「こわれない」というだけでなく「一生使いたいカバン」になる。

そう考えると、決して高くは感じませんでした。ランドセル、というだけで、何万円もする場合だってありますから。それに「いいものを大切に使う」ということを1年生のうちから実践できるというのもいいなーと思います。

丈夫なだけにけっこう重さもありますが、トッキーも「きんにく、つくよね!?」といいながら、「せかいにひとつだけのランドセル」を背負って毎日元気に登校しています。

 

Veronica

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.