ギリシャのおみやげ

今回の旅で、「買い物」は優先順位として低かったのですが、
名産のワインとオリーブは買って帰りたいと思っていました。

ワインは、どのレストランで飲んでも、さわやかで飲みやすく、
私たち好み。できれば大量に買って送りたいくらいでしたが
送料が思ったより高かったのでそれは断念・・・。

結局、ホテルの人に教わったSigalas(シガラシ)のワイナリーと
観光客も多いSanto Wines(サント・ワイン)のワイナリーへ行き、
試飲して 何本か選んで買って帰りました。
ギリシャワイン ←もう全部飲んじゃった!おいしかった。

オリーブやサラミは、ホテルのそばのマーケットで入手。
オリーブとサラミ
オリーブは塩漬けのほかに、オレガノ入りやパプリカ入りもあって
いろいろお試しで買ってみました。オレガノ入りがおいしかったかな。
サラミはホテルでお夜食にしようと思って買ってみたら
安いし塩気もちょうどよかったので、おみやげ用にも少しだけ購入。

こちらがホテルから一番近いマーケット。
_DSC0554_DSC0560
地元の人が買うような食品や日用品を売っています。
素敵な外観! ・・・なのですが、店主のおばちゃんが超無愛想。
サントリーニで無愛想な人ってほとんど見なかったので、
ある意味、新鮮な印象さえ受ける接客態度でした(笑)。

ギリシャソープ
オリーブつながり(?)で、石けんもいくつか。
素朴な感じの右側2種はおみやげ屋さんで、
デザイン重視の左3種は、帰りの空港で。グッドデザイン☆
ただ、石けんは香り・泡立ち具合ともに、バリ島のほうが好みかな。

海外では必ずチェックするのが文房具。
_DSC0405
こちらのBOOK ?SHOPで物色しました。
戦利品は、こちら。
文房具
カラフルなチョークはイベントをやるときの看板用。
色鉛筆は凱羽がお絵かきできるようになったときに。
領収書は、BOOK SHOPのおじさんに「見本」を書いてもらい、
自分たち用と、お店をやっている友達のお土産用にいくつか購入。
左側の2つは、約束手形的なものとか就職時に提出する健康管理表、
のようなものらしいです。
BOOK SHOPのおじさんに解説を受けつつ、
「使うことはないけど、見た目がかわいいし」と買ってみました。

ふだんはあまり立ち寄らなそうなお店にもふらりと。
_DSC0546
Museumなどに置かれるようなお皿のレプリカを扱っている店でした。
昔ながらのデザインに則って、手描きで制作されるというお皿たち。
買う気は全くなかったのですが、見ているうちに、
「これって、旅の思い出としてすごくよくない?」と思うに至り──。
ギリシャ皿
この旅最大のおみやげを購入したわけです。
衝動買いといえばその通りなのですが、ホントに買って良かった!
裏には装飾用のワイヤーも付いていて、基本は飾っておくのだと思いますが
私はギリシャ風パスタやサラダなどに使っています。
大皿なので、お客さんがいらしたときにも便利!
わが家にはめずらしい柄物の皿。使うたびにサントリーニを思い出しそうです。

こちらは、Filaのアクセサリーショップで買ったブレスレット。
ブレスレット←左が私用、右が彼用。
一応、新婚旅行だったので、指輪の代わりにいいかなと思って。
指輪はしないけど、ブレスレットなら・・・と。
シンプルなデザインも気に入っています。

最後まで見てくださった方に、「おみやげ」です。

Veronica

窓や扉、洗濯物まで愛らしい

サントリーニ旅行記もそろそろおしまい。
今回は、旅行中「かわいい!」「素敵!」と目に留まったものを
あれこれご紹介します。
_DSC0417_DSC0074

普通、観光地と呼ばれるエリアに行くと、
やはり何カ所かは写真を撮りたくなる場所というのがありますよね。
_DSC0138←こういう風車とかね。

イアの街の場合、少しばかり事情が違います。
撮りたくなるスポットがある、というより、どこを見ても絵になる。
レストランやランドマーク的な建物だけではなく、
普通の民家やただの道までもが素敵なのです。
「この窓かわいい!」「扉も!」「壁も!」「石畳も!!」
という具合で、キリがないくらい。

このお宅なんて、門も外観もお庭もすっごく素敵ですけど、
_DSC0152
じつは、洗濯物までかわいいのです!
_DSC0153

こちらのお宅も。
_DSC0430
写真を撮りながら、「この島の人たちはホントに完璧だ」と
感心してしまいました。干していたおばあちゃんに、
「かわいいものしか干さないんですか?」と聞いてみたかったな。

_DSC0681
お庭に出してあったアイロン台。
外でアイロンがけするのかしら!? それ、真似したい(笑)。


街で見かけた素敵なドアや窓辺をランダムにのせておきます。

_DSC0076
階段の下の青い鉢植えは、きっと何かの空き缶や空き容器。
こんな風に、キレイな色で塗って鉢植えにするアイデアっていいですよね。
そのお宅のテーマカラーで統一しているから、すごくなじんでいました。

_DSC0322ワイナリーの倉庫。

_DSC0264黒いアイアンが効いています。

_DSC0410どなたかギリシャ語読めますか?

_DSC0414屋根と煙突の丸みにやられます。

_DSC0440保育園。こんなところに通わせてあげたい!

_DSC0482白い階段をグレーで縁取り。

_DSC0499
ここは、私も彼もかなり気に入ったおうち。
一瞬、廃墟かと思ったくらい、いい具合にさびれていて。

_DSC0147青だけでなく、どの色も絶妙なバランス。

_DSC0160床や壁もいちいちフォトジェニック!

_DSC0164ブルー越しのサーモンピンクがかわゆい。

_DSC0179こんなおうちに遊びに行きたい。

_DSC0240この場所なら、花の愛らしさも増す気がしません?

_DSC0252レストランの黒い扉。凛とした味がある。

歩きまわるだけでこんなにもワクワクする街があるなんて・・・。
ギリシャには一度は行ってみたい、一度でも行けたらうれしいな。
そう思っていたけれど、一度行ってみたら、
いつかまた絶対行きたい!・・・と心から思える場所でした。

トキワはどこへ行っても何を見てもご機嫌でよく笑い、
ヨーロッパのおばさまたちにも大受けでした。
「happy baby」となでられたり、写真を撮られたり。
でもきっと本人は、なんにも覚えていないよね。
_DSC0635
「物心ついてから行きたかった!」なんて言われたら、
それを口実に(?)もう一度みんなで行きたいものです。

Veronica

ギリシャの料理とワイン

ギリシャ料理といえば、何を思い浮かべますか?
_DSC0345
私はムサカ、オリーブ、タコ・・・ぐらいしか予備知識がなく、
あとは「場所柄、魚介は新鮮でおいしいのだろう」と思っていた程度。
東南アジアの旅に比べ、「食」に関しては期待していなかったのです。
けれど実際には、いい意味で裏切られた感じでした。

_DSC0269_DSC0270
伝統的なギリシャ料理であるムサカ(左)もスブラキも、
_DSC0339
サントリーニ島名物のタコも、もちろんおすすめなのですが、
意外にも非常においしかったのが、パスタ!

_DSC0340
見た目は無骨な感じ(笑)で、麺はかなり柔らかめの茹で具合。
でもでも! 魚介のダシが効いていてホントにおいしいのです。
わが家で作るパスタにも、この旨味は何とか取り入れたいと思いました。
※現在、レシピを開発中! 完成したら紹介します。

そんな、海の恵みたっぷりの味わいもさることながら、
お店の雰囲気や景観がとにかくすばらしくて。
滞在中は食事やお酒の時間が楽しくて仕方ない感じでした。

たとえばここ↓。夕日のスポットからも近く、有名なお店。
_DSC0037
私たちはここでディナーを楽しみました。夜の眺めも最高!

とくに下調べもせずふらりと入っていましたが、ここ↓も大当たり。
_DSC0450_DSC0465
雰囲気・サービスともに抜群で、もちろん眺めも申し分なし。
ウェイターのおじさまもナイスガイでかっこよかったです。

_DSC0447盛り付けも洗練されていますね。

常に混んでいた大衆的なお店↓。私たちも匂いにつられてふらり。
_DSC0653_DSC0664
トキワはここのムサカがすごく気に入ったようでした。
※わが家流ムサカのレシピは帰国後すぐに完成!近々アップします。

崖を降りていくと、こんな眺めを楽しみながら食事できる場所も。
_DSC0217_DSC0216
素材を活かしたシンプルな料理。こういうのも美味でしたよ。
カラッと気持ちよく晴れたお天気のせいもあって、
昼間から白ワインばかり飲んでいたなぁ。

これといった「娯楽」は何もなさそうな島だけど、
素敵な店と最高の景観とおいしい料理と白ワインがある。
ああいう暮らしって、ホントに贅沢だと思いました。
_DSC0185
※今回の旅は義母も一緒。気を遣う関係じゃないし、
息子のためにも大人が3人居てよかったです。

そうそう、サントリーニ島はワインの産地としても有名です。
そもそもワインというのはギリシャの島々が発祥らしく、
ここから諸外国に広まったんですって。
サントリーニのワインはさわやかでクセがなく、私たち好み。

というわけで、ワイナリーにも行って試飲&購入してきました。
_DSC0316こんなすばらしい景色の中で
_DSC0317テイスティング!

好みのワインを何本か買ってきましたが、
シッピングがもっと安ければダース買いしたかったくらいです。
_DSC0312

このケーキもおいしかった! 二度も食べちゃいました。
_DSC0677

あぁ、ホントにいい島だわー。

Veronica

幸福な犬たち

イアの街を歩いていると、たくさんの犬たちに出会えます。
人と同じペースで歩いていたり、のんびりと眠っていたり。
吠えている姿や走りまわる姿は、あまり見かけませんでした。
_DSC0469
このおだやかな街がそうさせるのかもしれませんが、
リードにつながれていないことも大きいと思います。

日本では、「犬はリードにつなぐこと」が常識で、
どんなに賢い犬でも、ノーリードだと苦情の対象になってしまいます。
けれど、犬って本来、つなぐ必要のない生き物だと思います。
つながれているからこそ、放されたときに走り出したくなるだけで、
普段からつながれていなければ、逃げようなんて気も起こらないはず。

_DSC0468

この島には、「住所・飼い主ともに不定」の犬が多そうです。
でも みんな人なつっこくて、近づいて撫でると喜ぶし、
かといって、ハイテンションで追ってくることもありません。

この子なんて、自分より小さい生き物がちょっかい出してるのに
_DSC0091
抵抗したり威嚇したりするどころか
_DSC0093
最後には「勘弁してよ〜」とお腹を見せちゃうのでした。
_DSC0094
みんな性格いいんですよね。見てるとわかります。

たいてい、居場所は何カ所かに決まっているようで。
この子はずーっと同じ店の前で寝ていました。
_DSC0693
これは、起きているときの貴重なショット。
トキワは今回の旅で、ますます犬が好きになったようです。

_DSC0022こんな場所や

_DSC0575こんな場所に寝ている子も!

どの犬も、すごくいい顔してますよね。
ああいう環境で暮らせたら、犬ってホントに幸せだろうな。
_DSC0078もちろん、猫もね。

本来は大型犬が好きな私たちですが、今回好きになったのがこの子。

_DSC0641
小型犬なのですが、体型のバランスは大型犬っぽいですよね。
愛らしい表情も耳の感じも黒い毛並みも、ホントにかわいい!
首輪はしていましたが、もちろんつながれてはいません。
でも、いつも同じ場所で見かけました。
DSC03781
この場所です。彼女の愛犬なのでしょうね。
彼女が居るお店の前から離れることはなく、
観光客にもニコニコと愛想をふりまいている姿が印象的でした。

Veronica

海辺のホテル

Aethrioを後にし、次なる滞在先Angel Cave Housesへ。
_DSC0619
Aethrioからさほど遠くないはずなので歩いていくつもりでしたが、
前日に思い当たる場所を探してみても全く見あたらず・・・。
ホテルに電話をして、バス停まで迎えにきてもらうことに。
着いてみると、崖の中腹(というのかしら?)に建つホテル。
なるほど、メインストリートからでは入り口がわからないのも当然です。

そんなロケーションだけあって、さすがに眺めは最高!
_DSC0387
部屋の前のバルコニーからはエーゲ海が一望できます。
ジャグジーまでついてる!

Aethrioと同様、ベビーが一緒だからとHoneymoon Suiteに
アップグレードしてくれました。やっぱり10月の旅はおすすめ。
_DSC0602
広々とした室内。キッチンと、ピアノまであります。
この電子ピアノが息子はえらくお気に入りで、
ひとりで座って前衛的な音楽を奏でていました(笑)。
キッチン付きだとミルクを作るのにも助かります。

寝室も広々。ベビーベッドも貸してくれましたが、
息子は結局、私たちのベッドで一緒に寝ました。
_DSC0592
小さい体の、力一杯の大の字。どんな夢を見ているのやら。

息子が寝ている間、バルコニーのキャンドルに火を灯し、
ギリシャのリキュールούζο(ウゾ)をちびりちびり。
_DSC0383
チェックインのとき、彼がめざとくこのホルダーに気づき、
近くのスーパーでティーライトキャンドルを買っていたのです。
さ〜すがー!

こうして夜は更け、また気持ちいい朝がきます。
朝食はもちろんバルコニーで、海を眺めながら・・・!
ホテルに住み着いているらしきミルクティ色の猫が
足下に寄ってきましたが、食べ物を要求するわけでもなく、
ひとしきり甘えたあとは、またどこかへ消えていきました。

_DSC0618

サントリーニの犬と猫は、どの子もみんな人なつっこく、
つかず離れずの距離感で自由を謳歌している感じです。

Veronica

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.