2017/06/16 3:52 PM OUT〜おでかけ・旅行

美食と絶景と温泉の宿「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ」

美食のひらまつが手がける話題のオーベルジュを取材してきました!

hiramatsu015
記事はこちら

_DSC0335 のコピー
今回泊まったのは、こちらのスタンダードツイン。
_DSC0357 のコピー hiramatsu009
海を臨むテラスがあり、そのすぐ後ろにバスタブ、
その奥にベッドがあり、常に海が眺められるデザイン。
思った以上に使い心地がよく、とっても快適でした!

宿の魅力は記事をぜひご覧いただくとして
ここでは、記事で書ききれなかったお料理のこと、
三浦シェフからうかがったこだわりの数々を
まとめておきたいと思います!

シェフのセンスが光るアミューズ・ブーシュに続いて提供される前菜1品目は
「北海道噴火湾産ボタン海老のグリエ マンゴーとオリーブオイルのアイスクリーム」。

_DSC0208 のコピー
一見すると、「普通に火を入れた海老」に見えるかもしれませんが、
そのプリップリ食感ときたら・・・!
食感の良さは、殻ごと炭火で焼いてから皮を剥くから。
炭火の香ばしさも身にうつっていて、本当においしい!

海老だけが温かいまま供され、冷たく仕上げた付け合わせとの相性を楽しみます。
付け合わせがこれまた!

hiramatsu015
薄くスライスしてバーナーで軽く炙ったマンゴーのイエローと
中に詰めたほうれん草のムスリーム、その色合いの美しいこと・・・!
もちろん、この甘みが海老との相性抜群です。
オリーブオイルのアイスは口をさっぱりさせてくれて海老の旨味を引き立てます。
そして、すっと上下に力強く引かれた茶色いソース。
これは、海老の頭を炭火で焼いてからペースト状にしたもの。
非常に香ばしくて、海老の力強い旨味が丸ごと、
しかも上品に味わえるひとさらでした。

2品目は「功刀(くぬぎ)さんが育てた“くぬぎ鱒”のミ・キュイ 長谷川さんのマッシュルーム“ポットベラ”と春キャベツ 赤ワインクリーム」。
_DSC0186 のコピー
料理名に作り手の名前を出すくらい、「その人にしか作れない素材」とシェフ。
「マッシュルーム農家の長谷川さんて方がいらして、その長谷川さんのご紹介で
功刀さんがつくるくぬぎ鱒に出会ったんですよ。
いわゆるにじ鱒ですが、くぬぎ鱒は特別においしいんです」とうれしそうに
語ってくださった後「長谷川さんはマッシュルームの前は
キャベツの作り手さんだったので、キャベツを合わせました」と
お茶目に付け加えてくださいました!

hiramatsu012
大きなマッシュルーム! 旨味がぎっしりです!
この立派なマッシュルームをスライスしてソテーし
くぬぎ鱒にはじっくりと低温で火を通す。
もう、この特別な食材ふたつだけでも「さすが!」なのですが
キャベツの甘みといい、赤ワインベースのソースといい
(赤ワインとエシャロットを煮詰めたものに
はちみつやフロマージュブランを加えたソースだそうです)
食感も味も全体をすばらしくまとめ上げています。
白い泡はレモン風味。その下にはさらにキャビアが隠れています。
パリッと焼いたくぬぎ鱒の皮も絶妙なアクセントに!

3品目は「伊東産サザエのソテー 空豆のリゾット ソース・ヴェルトと醤油の泡」。
hiramatsu017

新鮮なサザエをやわらかく煮込んだ後にソテーし、
筍と空豆の濃厚なリゾットとともに。
殻を器にした泡は牛乳×醤油のソースで、磯らしさを引き立たせる絶品です。
「お刺身にも合いそうだね、これホントにおいしい!」と
シゲさんとふたりで大感動。
ソースのひとつひとつまでが考え尽くされているのが
さすがプロの仕事です。

_DSC0171 のコピー
グリーンのソース(ソース・ヴェルト)はバジルとコルニッション。
手前にスッと引かれたモダンな1本のラインも、
サザエの肝をにんにくや醤油とともに煮込み
ペースト状にしてダシで伸ばしたソースです!

4品目は「伊東漁港から届いた1本釣り地金目鯛の氷温塩水熟成 さわ蕗のタプナードと長芋のチップ パセリとグリーンペッパーのソース」。
_DSC0198 のコピー
網ではなく1本釣り、
しかも、近海で朝とれたものをその日のうちに味わう「地金目鯛」。
その新鮮な鯛を、なんとそのまま食べるのではなく、
海水と同濃度の塩水に漬け、氷水とともに3日間も熟成!
「うろこや内臓もそのままです。
うろこは体を守るものなので、一度取ってやってはみたのですが
皮がぶよぶよになってしまって。傷をつけずにやるのが大事だなと」

すごい! いろいろ実験されているのですね!
熟成させることでアミノ酸が増幅して力強い旨味となるのですが、
これは新鮮だからこそできること。築地ですら、とれた翌日の魚ですものね。

hiramatsu013
火入れは65℃の低温でじっくりと。
こうすることでタンパク質が凝固しにくく、
やわらかさを保てるのだそうです。
そして皮目だけを最後にバーナーで炙ってパリパリ感も。

さらにさらに、付け合わせのタプナードがまた美味!
タプナードおいえばオリーブやケッパーにアンチョビを加えるのが普通ですが
アンチョビの代わりにひしおを入れているのだそう。
初夏らしい蕗も加えてあって、この食感がまた楽しいです。
グリーンの泡はパセリとグリーンペッパーの軽やかなソース。
長芋のチップスが食感にアクセントを添えます。

5品目は「フランス リムーザン産仔牛背肉ロースト 藁の香りをまとって モリーユ茸のソテーとクリーム タイム風味のソース」。
_DSC0207 のコピー
上品な脂ののったフランス・リムーザン地方の乳のみ仔牛を、
部位に合わせて焼き方を加減することで最もおいしく味わえるように仕上げてあります。
香ばしく、やわらかくて、最高の味わい!

hiramatsu019
付け合わせはフランスの春を代表するモリーユ茸と、
四角くカットしたポテトにブルーチーズのクリーム、
ポテトの下にはあみがさ茸のピューレ。
左奥は、根っこまでおいしい「トロペア」という有機ネギ!
ソースは、仔牛の骨やくず肉を香味野菜と一緒に煮込み
タイムをきかせたシンプルな旨味でした。

ここまでいただくと、メニューや写真だけ見ると
「もう食べられない〜」と思っちゃいそうですが、
不思議と食べられちゃいます。
これは、三浦シェフが得意とする「軽やかさ」の成せる技。
非常に満足感が高いのに、満腹感はほどほどで、
最後までもたれることなく、おいしく堪能できるのです。

肉料理の後、デザートの前には
フロマージュの盛り合わせがワゴンで振る舞われます。
まだまだワインもいただいていたし、いくつかいただきました。

そしてデザート!「伊東産有機レモンクリームと柑橘のヴェリーヌ仕立て ヨーグルトとバジルのソルベ」。
hiramatsu020
下の層はオレンジ、グレープフルーツ、甘夏を合わせてハチミツでマリネしたもの、
その上は有機レモンのクリーム、緑のソルベはバジルとヨーグルトで、
香りも味もさわやかな一品です。
ローストアーモンドが食感や香りに厚みを添えていました。
丸いメレンゲを大胆に割って、初夏の美味しさを召し上がれ!

今回、ワインはソムリエさんにお任せして(ドキドキしながらw)
ひと品ずつのすばらしいマリアージュを楽しみました!

_DSC0377 のコピー
そして、夕食と同じくらいに楽しみなのが翌朝の朝食!
朝ごはんが贅沢なのって、本当にワクワクします。
_DSC0402 のコピー _DSC0406 のコピー _DSC0408 のコピー _DSC0404 のコピー
何から何まで完璧だったけど、とくに感動したのはこちら!

_DSC0386 のコピー
トリュフオイルが香るソースと贅沢なフォアグラを加えたフランス風目玉焼き。
思わず再訪したくなる、完璧な朝食マジック!
本当に本当に、おいしかったです!

Veronica

2015/10/02 4:29 PM OUT〜おでかけ・旅行

富士サファリパーク

ずっと行きたがっていた富士サファリパークへ!

_DSC0005 _DSC0004 _DSC0003 _DSC0002
誕生月は子供の入園料金が無料になるのと(事前の会員登録が必要)、トッキー以上にシゲさんが夢見ていた(ホントに夢にまで見る勢いw)ライオンの赤ちゃんが今なら抱っこできる!ってことで、10月1日、都民の日に行ってきました。
_DSC0010 _DSC0011

まずは、人気のライオン赤ちゃんの抱っこ整理券をゲット。雨が降ってて肌寒いくらいの平日なので、人も少なめ。
おかげでライオン赤ちゃん抱っこ整理券は調子に乗って2回もゲットしちゃった♪

_DSC0013 _DSC0014 _DSC0015
_DSC0016 _DSC0017 _DSC0018 _DSC0019
ジャングルバスも予約して、あとはのんびり。
マーラはおとなしくてかわいい、カピバラさんはマイペースでめっちゃ愛嬌があり、これまたかわいかったです。

いよいよライオン赤ちゃん抱っこタイム(1回目)。

_DSC0028_DSC0029_DSC0030

チケットを買った人だけ抱っこできるので、私もシゲさんもそれぞれに買い、それぞれに撮影。
10歳以上しか抱っこはできないので、トッキーは今回は一緒に写るだけー。残念!
_DSC0034
目つぶっちゃってるこの表情とかもめっちゃかわいい!
ライオンちゃんだけアップで撮ったりしたかったのですが、カメラは係の方にあずけるので、家族写真しか撮れず〜。
_DSC0036 _DSC0037

続いて猫の館へ。
_DSC0040 _DSC0043
_DSC0045 _DSC0046 _DSC0050

サファリパーク内にこういう猫カフェ的なエリアもあったとは!知りませんでした。
普通の猫カフェより自由に抱っことかできるし、トッキーがとてもうれしそうだったのでよかったです。

腹ごしらえして、2回目の赤ちゃんライオン撮影会の前に、自家用車でサファリエリアをまわることに。
_DSC0057 _DSC0059 _DSC0060 _DSC0061 _DSC0062 _DSC0064
雨で動物たちもなんだかおとなしいけど、動物園とはやっぱり違う。
クルマのすぐ横を通る動物たちの姿に大興奮です。
_DSC0085 _DSC0074
別の赤ちゃんライオンと。さっきのコと、やっぱり顔立ち違いますよねー。
どっちも赤ちゃんとはいえ力強くて骨格もしっかりしてて、さすがライオン!と思いました。

ジャングルバスでもう一度サファリエリアへ。
雨が降っていたので、鉄格子でおおわれたバスには雨が入ってきます。
で、レインコートを買って、いざ。
いちばん楽しかったのは、やっぱりエサやり体験!
クマ、ライオン、ラクダにエサをあげるのです。トッキー大興奮(大人も興奮!)。
なんかもう画像だらけだけど、全部のせちゃうww
_DSC0092 _DSC0096 _DSC0103 _DSC0106 _DSC0107 _DSC0108 _DSC0109 _DSC0111 _DSC0112 _DSC0114 _DSC0125 _DSC0128 _DSC0129 _DSC0130 _DSC0131 _DSC0132 _DSC0133 _DSC0134 _DSC0135 _DSC0136 _DSC0138 _DSC0139 _DSC0141

Veronica

2015/01/11 4:01 PM OUT〜おでかけ・旅行

長崎の旅4 夜景と軍艦島

有名な、長崎の夜景。
_DSC0978 _DSC0976
ロープウェイでのぼった稲佐山からの夜の眺めを堪能しました。
_DSC0974 _DSC0972
長崎市ならではのすり鉢状の地形がつくり出す立体的な夜景は、なんだかあったかい気持ちになる美しいものです。
ハウステンボスのイルミネーションにはさして感動しなかったけど、家々の明かりがもれて点々と続く市内の夜景はとてもきれい。
_DSC0969 _DSC0959
おーい、おーい、とあっちこっちで呼応しているみたいだなぁと思いました。

そして、ツアーを予約して行った軍艦島。

廃墟写真を撮りたいシゲさんがとても楽しみにしていたのですが、大波に揺られ吐きそうになりながら辿り着いた割には、え…たったこれだけしか見せてもらえないの?というのが正直な感想でございました。
_DSC0921 _DSC0942 _DSC0940 _DSC0937 _DSC0934??_DSC0931 _DSC0930 _DSC0929 _DSC0928 _DSC0926 _DSC0923 _DSC0922

 

上陸して間近に見るより、波間に垣間見える軍艦島の全容↓が、絵的には一番かっこよかった。

_DSC0956

なんでもかんでも近くで見りゃいいってもんじゃないなぁと思いました。もちろん、行ったからには上陸したくなるのですけれど。

まぁこういう場所を観光地にしてしまったゆえのジレンマではありますよね。
人に見てもらわなくてはいけない、でも人が脚をふみいれるとその場所を壊してしまう可能性もある。
軍艦島の場合は廃墟なので、場所によっては観光客に危険が及ぶこともある。だから、入れる場所をかなり制限せざるを得ない、っていう。

_DSC0933
ともかく子供たちが船酔いせず大波を大喜びで楽しんでいたことと、私自身もなんとか吐かずに持ちこたえられたので、よしとします。
一度は見ておきたかったし。

Veronica

2015/01/10 3:49 PM OUT〜おでかけ・旅行

長崎の旅3 グラバー園でコスプレ

長崎は市内に観光地が集まっていて、子連れでもとても観光しやすい町です。
とりあえず長崎らしさをもとめてグラバー園へ。
_DSC0613 _DSC0612 _DSC0611 _DSC0610 _DSC0607 _DSC0604 _DSC0603 _DSC0602
特に何の予定もなくとりあえず来てみたのですが、レトロ写真館なるものが園内にあり、せっかくなので。
_DSC0628 _DSC0625 _DSC0624
か、かわいい。どう見ても昭和の漫才コンビではないか。
困ったような作り笑顔がこれまたツボすぎます。
_DSC0621 _DSC0618
母らも一応。ちなみにものすごーーーく寒い日でございましたよ。。
_DSC0633 _DSC0632 _DSC0630
別に意図して選んだわけではないですが、両家の母子でそれぞれ服の色がコーディネートされてました。
_DSC0642
シゲさんはもちろんこれ。一人だけ違和感なさすぎ。
_DSC0641 _DSC0640 _DSC0639
日本の夜明けぜよ。
おお、寒い。。
_DSC0656 _DSC0650

子ども用の衣裳も用意されているのがミソですよね。
大人三人だけだったら絶対やってない。
でも、やってみたら楽しかった(やってよかったwww)

_DSC0667 _DSC0666 _DSC0664
大浦天主堂もすぐそばです。

おまけ。九州の電車はかっこいいのだ。
_DSC0539 _DSC0534

Veronica

2015/01/07 3:24 PM OUT〜おでかけ・旅行

長崎の旅2 グルメ

旅の楽しみ。それは、ご当地名物!おいしいもの!!
_DSC0551
初日の夕食は、昭和26年創業、佐世保バーガーの「ヒカリ」
当時はすぐ正面に米軍基地ゲートがあり、米軍関係者のすすめもあってこの地に店舗を構えたのだとか。
その頃は市内に20軒前後のハンバーガーショップがあったそうですが、現在も続いているのはここと「ブルースカイ」のみ。
東京でも「佐世保バーガー」を食べたことはありますが、ヒカリのほうが断然おいしかったです!
_DSC0542 _DSC0545
何がすばらしいってね、安いんです!
都内ではプレミアムバーガーがはやってるけど、ここは基本のハンバーガー310円。
写真のスペシャルバーガーでも540円。
卵が入ってるせいか優しい味わいで、ケチャップやマヨなどで作られていると思われる甘めのソース(これがまたいい感じ!)もたっぷり。
トッキーも、とても美味しくいただきました◎
_DSC0546
こじんまりとしたお店で、おばあちゃんが注文聞いて、おじいちゃんがパティを焼いて、バイトの女の子がお会計、みたいなアットホームな雰囲気がとてもよかったです。

長崎在住のお友達におすすめの料亭を聞いて、卓袱料理も食べてみました。
_DSC0579 _DSC0577
夜はお高いのでランチタイムに史跡料亭 花月へ。
予約必須の人気店です。今回も、最初は予約がいっぱいだったのですが長崎在住の友達人脈で、入れることに! さすが地元パワー。
_DSC0562 _DSC0570
卓袱料理に豚の角煮がおいしかったです。
ランチには子ども用御膳もあり、これが大人に勝るとも劣らない豪華さ!
少食のトッキーはもちろん残してしまいましたが、ハンバーグがおいしかったそうです。
_DSC0560 _DSC0559 _DSC0557 _DSC0554
食事が始まるまでの待ち時間はお庭やお部屋を見学させてもらえます。
江戸時代、長崎の丸山は江戸の吉原、京都の島原とともに「天下の三大遊郭」とうたわれた場所。
その中心として栄えた花月だけに堂々たる趣があり、当時の栄華を想像させます。
同時にしっぽりしっとりと、なんだか無性に歴史に想いを馳せたくなるのでした。
が、残念ながら歴史に疎いので、実際にはただただ料理と風情を堪能するのみでございました。
_DSC0589 _DSC0587

長崎と言えば!のカステラは何カ所かで食べてみましたが、門構えはやはりここ。
_DSC0594 _DSC0597

初めて食べたレモンステーキ。
_DSC0750
ガイドブックで見るまで知らなかったのですが、これも佐世保発祥のグルメ。
まぁせっかくだから食べとくか、というくらいのつもりで頼んだのですが、あれれ!これ、おいしい!!!
ふだんソースにレモンなんか入れるといやがる シゲさんも「この使い方は真似したい」と大喜び。家でもマネしてみます。
こんなにおいしいなら有名店でも食べてみたかったな。
私たちが今回食べたのは、ハウステンボス内のロード・レーウ。でも、ここもおいしかったのでよしとします。

おいしいものがたっくさんある長崎ですが(石川本舗の角煮まんじゅうもおいしくて、つい先日もお取り寄せしました)、最も感動したのは長崎ちゃんぽん!
_DSC0917
(この写真は、太麺の皿うどんです。紛らわしくてすみません)
え、ちゃんぽん? そんなの東京でも食べられるじゃん!と思うなかれ。
もし、リンガー○ットが長崎ちゃんぽんだ、と思っている都内在住の方がいらっしゃったら、それは「ちがいます!」と断言いたします。

スープは白濁してるけど豚骨のような濃厚こってりとは無縁で、とてもさっぱりしててナチュラルなおいしさ。脂がこってりしていない、というか。でも、めっちゃコクがあってしみじみおいしいのです。
具そのものもおいしかったなー。
とくに、上の写真のここ、ちゃんぽんを生み出したことで知られる四海楼はさすがでした。
_DSC0600
こちらは江山楼
今回の旅では先ほどの四海楼がとてもおいしかったですが、江山楼もまた食べたい味。
「ちゃんぽんって、本来はちゃんとした中華料理なんだな」と知りました。

今回の旅でちゃんぽんの本当の美味しさを知ることができてホントによかったと思います。
長崎の人にとっては当然の味なのかもしれないけど、都内にはなかなかないからねぇ。。

ちなみに、太麺皿うどんも、これまた感激のおいしさでした。
東京だと、皿うどんといえばぱりぱりの細麺にあんかけがかかってるイメージですよね(個人的にはまるで興味のない料理でした)。
でもあれは「細麺の」皿うどんなのであって、「太麺の」皿うどんは、まるで違う!
麺はもっちりしてて、やわらかい。しかもちゃんぽんより出汁が濃縮されてる感じです。

ちなみに都内だと、三茶の来来来は、ちゃんぽんも太麺皿うどんもおいしかったです。
渋谷にもおいしいちゃんぽん屋さん、あるといいのにな。
※長崎でおいしいちゃんぽんを食べて以来、東京ならどこがおいしいか調査中っ!

Veronica

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.