2016/02/23 8:09 AM BALI〜ウブドの旅〜

UBUDの旅 2 toya devasya /キンタマーニ高原/コーヒー農園

3日目(2月19日)は日本から予約しておいたガイド・Tutiさんにホテルでピックアップしてもらい、今までしたことのなかった遠出をば。そこらで探したタクシーで値段交渉してもよいのだけど、子供もいるし、安心できる車&安全運転で行きたかったので。Tutiさんのガイドは運転手+Tutiさんの2人チームなので、運転しかしてくれないタクシー(当たり前だけどw)より数倍いいです。しかもTutiさんは日本語ができるので、トッキーにもストレスなし。

_DSC0290
※Tutiさんがやってる「RUCI BALI TOUR」はこちら。家族連れにも、一人旅にもおすすめです★

「コーヒー農園に行きたい」「棚田も見たい」という二大目的をまず決めて、行き先をバリ北東部のキンタマーニ(つっこみたい気持ちはわかりますよw)周辺に決定。神聖なアグン山や数々の寺院がある自然豊かなスポットですが、大学のときにその名前のインパクトだけは印象にあったものの(笑)、行ってみようと思ったことはなく。今回調べてみて、いろんな見どころがあることを知りました。それにしても、私はホント旅行が好きだなぁと自分で再認識。どこへ行こうか?と考えながらあれこれ調べ、計画を立てるだけでめっちゃくちゃワクワクするのです。もちろん、その計画が突然変更になってもへっちゃらです。

_DSC0194 _DSC0190
まずは地元の人も多い温泉施設toya devasyaへ。

_DSC0186 _DSC0163
このあたりを代表する湖・バトゥール湖が活火山のカルデラ湖なので周辺には温泉が湧いていて、toya devasya以外にもいくつか施設があります。
_DSC0153 _DSC0170 _DSC0183 _DSC0177
硫黄臭はないし、水着を着て入れるぬるめの温水プールという感じなので、子連れでものんびり楽しめます。※料金は、タオルとウェルカムドリンク付きで15万Rp。

_DSC0158

お腹もすいてきたので、絶景のレストラン「LAKE VIEW CAFE」へ。
_DSC0223?_DSC0200
このあたりは団体のone day tourも多いようで、人が大勢入れる大きめなレストランはほぼブッフェ形式。
_DSC0196 _DSC0198
味は期待していませんでしたが、ちゃんとインドネシア料理だし、これだけの絶景ですもの!文句なしです。ガイドのTutiさんも誘いましたが「いえいえ、どうぞご家族で。私は魚を食べてきます♪」と地元の方に人気の屋台へ(おごりますよー!と言ったので余計に遠慮されたのかな?慎ましくかわいらしいTutiさんなのです)。

_DSC0207 _DSC0208
眼前に広がるのはバトゥール山とバトゥール湖。バトゥール山はキンタマーニ高原の中心に位置する標高1717mの活火山。1917年と1926年に大噴火し、今でも時おり噴煙をあげているとか。とてもいい眺めで、トッキーも気持ちよさそうでした◎

_DSC0201 _DSC0211 _DSC0216 _DSC0218 _DSC0219 _DSC0220 _DSC0221 _DSC0222
トッキーがひとりで観光旅行してるっぽいw
この写真が撮れただけでも、私たち的にはキンタマーニまで来た甲斐が十二分にありました。

_DSC0258 _DSC0274
続いて念願のコーヒー農園へ。コーヒーの大好きなトッキー(本人はまだ飲めない。ドリップ専門ですw)に見せてやりたかったのです。とはいえ、あまりメジャーな観光地ではないのでガイドブックにも情報は皆無。ネットでいろいろ調べて行きました。

_DSC0252 _DSC0253
到着したのはDEWIという観光農園。Tutiさんには「Bali Pulinaという農園に行きたい」と伝えてありましたが、どうやらこのあたりに両者が隣接しているらしく、「なんか名前が変わったのかなぁ?ま、いいや」と思いつつDEWIに入園(この後すぐに、少し行ったところでBali Pulinaの看板を発見し、結局そちらにも立ち寄ることになるのですが 笑)
_DSC0259 _DSC0246 _DSC0256 _DSC0255
コーヒーはもちろん、ココナッツやカカオなど、いろいろ見物できます。

_DSC0234 _DSC0235 _DSC0236 _DSC0237 _DSC0238
観光客用のデモンストレーションで、鍋で豆を焙煎していました。トッキーもやらせてもらって大喜び。真剣なまなざしでやってました。トッキーはこの経験を通じて「豆は自分でつくるもの」と思ったようで(笑)、「将来コーヒー屋さんになったらこうやって豆をつくる」そうです。

_DSC0231 _DSC0239?_DSC0268
有名な高級品・ルアクコーヒー(現地の言葉ではKopi Luwakコピ ルワッ)の生みの親(?)ジャコウネコくん。Kopi Luwakは、コーヒー豆を食べたジャコウネコのフンから採った未消化のコーヒー豆 のことで、腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵のおかげで独特の香味を持ちます。当然ですが、産出量が少ないので、世界一高価なコーヒーともいわれます。

_DSC0249 _DSC0250
試飲セットにプラスαの料金を払って飲んでみましたが、期待ほどの風味では・・・ないかも・・・? 自然にとれるKopi Luwakとはまた違うのかもしれませんね。どっちにしろ、檻の中からかわいくのぞくジャコウネコがなんだかかわいそうで、うーん、、普通のコーヒー豆でいいよぉ、と思っちゃいました。ほかのお客さんはすーっと通り過ぎる中、トッキーはこの猫ちゃんとのコミュニケーションに夢中で、それはそれはかわいかったのですけど。

_DSC0269
試飲しておいしかったおみやげをいくつか買って、DEWIをあとにします。

_DSC0275
しばらく車を走らせていると、TutiさんがBali Pulinaの看板発見。じつはこちらが本当の目的地でした(笑)。

トッキーは山道で少々車に酔ってしまい、ようやく眠れたところ・・・。そのままドライバーさんと一緒に車で待機させることに。無口なドライバーさんがにまっと笑って、いいよいいよ、ボクがいるから、的なジェスチャーを見せてくれました。

_DSC0295 _DSC0297 _DSC0300 _DSC0303
なんという絶景! こんなところが農園だなんて!! トッキーにも見せてあげたかった。

_DSC0280 _DSC0288 _DSC0289 _DSC0306
試飲そっちのけで、景色を堪能しました。ガイドのTutiさんもBali Pulinaには今回初めて来たそうで、写真撮りまくりw 「次からこちらの農園をお客様に紹介します」と話していました。うん!それがいいと思う!

_DSC0308 _DSC0309
農園でのおみやげはコーヒー豆1種と、あとはインスタントの飲料(DEWIでもそうでした)。粉末になっていて、バニラやココナッツなどのフレーバーがしっかりと。甘味もすでについていて、これが日本にはないおいしさなのでした。

コーヒー農園での壮観な景色とコーヒーの試飲とで、なんかもういろいろおなかいっぱい。

_DSC0315 _DSC0318?_DSC0330
ですが、せっかくなので、棚田で有名なテガラランにも立ち寄ります。さっきの農園での風景を見た後なので、なんか普通なんだけど(笑)。
_DSC0329 _DSC0335
アロンアロンテラスカフェでカクテルを一杯だけ飲みました。

Tutiさんが「夕飯はどうされますか?」と聞いてくれて、行きたい店があることを伝えると、電話して予約を入れてくれました。1日どうもありがとう!

_DSC0343
夕飯はMangga Maduという食堂。きのう行った石けん工場へ続くあぜ道の手前にあります。外国人在住者とローカルに人気があるそうで、ぜひ行ってみたかったのです。外観も内装もシャレっ気はないですが、オープンエアで気持ちのいいワルン。そして、評判通り何を食べてもおいしい!
_DSC0339 _DSC0344
左は、出汁のきいたオーソドックスなSoto Ayam(Soto=スープ、Ayam=鶏)。右のは、中華の味付けっぽいSayur hijau Udang(Syur=野菜、Hijau=緑、Udang=海老)干しエビ入り青菜炒め、って感じですね。シゲさん、Manga Maduでの食事がこの旅一番のお気に入りだったそう。トッキーもここのソトアヤムをえらく気に入っていました。

次にウブドに来たら絶対また来たいワルンです。

Veronica

2016/02/22 4:44 PM BALI〜ウブドの旅〜

UBUDの旅 1 RIVER VIEW食堂/石けん工場/ケチャ

トッキーが小学校に上がる前にと、2015年2月にバリ島・ウブドへ。今からちょうど一年前です。
_DSC0298
大学でマレーシア語を専攻したものの、現在それを活かすような場面は皆無。ですが、バリに行けばちょっとは役立ちます(マレーシア語とインドネシア語はほぼ同じ)。もちろん英語も通じるけど、マレー語でちょっとした挨拶とかするとやっぱり喜ばれる!(厳密にいえば、現地の言葉はバリ語ってのがまたあるんだけども)。

_DSC0425
気に入ると何度でも行きたくなるタチゆえ、バリ島といってもウブドばかり。今回で6回目です(シゲさんは2回目、トッキーは初)。最初に行った17〜18年前に比べるとかなり賑やかになり変化した部分も多いので、旅行者としては残念でもあるけど、やっぱり素敵な村。人より料理よし雰囲気よし。のどかな田園の景色も、花を多用する地元民の暮らしも、買い物や街歩きも楽しめる。歩いてまわれる広さもちょうどよし。はー、こうやって思い出すとまたすぐにでも行きたくなります。

_DSC0461
初日(2月17日)は18:00前にングラ・ライ国際空港に到着。航空券の手配はバリ島専門「バリ王」でお願いしました。空港-ホテル間の送迎つき(それ以外は完全にフリー)なので、ガイドさんと空港で待ち合わせ、ひとつ目のホテルKOMANEKA at RASA SAYANGへ。もう夜も遅かったので、夕食はホテルから歩いてすぐのCafe Wayan。ウブドに来ると必ず寄るレストランです。

ホテルはいつもKOMANEKA at Monkey Forest(以前はコマネカリゾートでしたが系列が増えて名称も変えたよう)に決めていましたが、今回は最終日をちょっと高級なタンガユダにしたいなーと思い、前半はコマネカグループの中では安め&街中にあるRASA SAYANGにしたのでした。

IMG_8118

_DSC0007_DSC0010_DSC0009
この写真は翌日(18日)のなんとも心地いい朝食。緑豊かなオープンエアで、ねずみの親子が仲良くかけまわる様子が見られたりして、「いいところに来たなー」としみじみ実感。
_DSC0004
たっぷりのフルーツでスタート。メニューは、インドネシアンスタイル(ミーゴレンや春巻きなど)、アメリカンスタイル(焼きたてパン、卵やソーセージなど)など種類豊富で飽きません。
IMG_8119 IMG_8120 IMG_8121(iPhone)
子供は「朝食なし」にしていましたが、トッキーにも希望を聞いて毎朝ニコニコ出してくれました。大好きなスイカとおいしい焼きたてパン、揚げ春巻き(これがとても気に入った様子)、牛乳、紅茶、「ぜんぶおいしい」と喜ぶご機嫌トッキー。もちろん「このけしきがさいこうだね。すっごくきもちいい」とにっこにこでした。

_DSC0065
ホテルは街の中心部にありますが、やや奥まっているので喧噪はさほど気になりません(一夜だけ、近所のカフェバーで夜中まで大騒ぎしていて、さすがにそれはフロントに電話しました)。いつも泊まるKOMANEK at Monkey Forestと今回のRASA SAYAMGは非常に近い場所にありますが、フロントや客室までのアプローチといいホテル自体の雰囲気といい、軍配はMonkey Forestかな。でも、もちろんRASA SAYAMGもとてもいいホテルです。

IMG_8161
朝食後、まずはウブドで一番賑やかなJalan Monkey Forest(Jalan=道、通り)を歩いて、お猿さんの楽園Monkey Forestへ。

_DSC0021_DSC0013_DSC0016_DSC0020
バリ島の多くはヒンドゥー教徒。叙事詩ラーマーヤナに出てくるハヌマーンは猿王のひとりとして有名です。ヒンドゥー教では、猿は神の使いとして大切にされているのです。

_DSC0024_DSC0034_DSC0037
モンキーフォレストも野生の猿の保護区で、250頭以上の猿が住んでるそうですが、人慣れしてて(エサ目当て!?)、わっさわっさと寄ってきます。彼らにあげていいのは園内で売ってるバナナのみ。コンビニの袋とか持ってると「なになに?それなに?食べられるもの!?」って具合にかっさらわれるので、すべて鞄の中にしまっておきましょう。

トッキーは、飛行機の中で作った黄色の紙飛行機を手に持っていましたが、好奇心旺盛な子ザルに「なにそれ!?」と奪われてしまい、ショックを隠しきれませんでした(笑)。

_DSC0042_DSC0043_DSC0046_DSC0048_DSC0049
モンキーフォレストは文字通り森。西部にはプラ・ダレム・アグンという寺院もあり、まぁなんというか、神聖なパワースポットです。猿たちはひたすら「なになに?それ(以下同文)」ですが、基本的には悠々としていて、いい暮らししてるねぇ、と思いました。

_DSC0061
いつ来ても、どこを歩いても、至るところに花がいっぱい。寺院や道路脇、ショップや民家の前も(そして室内も!)美しく飾られています。

_DSC0051_DSC0056_DSC0057

そろそろランチにしましょう。
_DSC0100
前回シゲさんが気に入っていたRIVER VIEWへ。あのときはこんな立派な看板もなく、私たちも単に「リバーヴューカフェ」と記憶していましたが、ちゃんとWARUNG(食堂)と書かれていました。

_DSC0101_DSC0082眺めはこんな感じ。
River ViewというかForest View? ガイドブックにも載っていないローカルなワルンで、建物なども古いですが(前回よりは良くなってトイレがキレイに!)、眺めもよし(ただし、蚊がスゴイよw)。
_DSC0070_DSC0079
_DSC0093_DSC0084
汗だくトッキー、ここのサテが気に入っていました。

_DSC0098_DSC0099
シゲさんはここのバビケチャップが大好物。ミーゴレンも、麺はいかにもインスタントなんだけど味付けがいいです。
_DSC0087_DSC0088敷地内はこんな。
途中から雨が土砂降りになったので、ちゃんとした屋根のあるとこに移動。そのあともしばらく雨宿りしていましたが、「長居して申し訳ないなぁ」なんて思わせない、ゆるさのある食堂です。

小降りになったのを見計らって、次の目的地へ。
_DSC0104全く目立ちませんが看板が。

バリに来たら必ず大量買いするハンドメイド石けんBurat Wangiの工場です(ブラットワンギはスーパーや市場でも見かける普段使い。同じ工場で作っているオシャレ仕様のKOUは観光客に人気。もちろん、ブラットワンギのほうが安いよ)。前回、KOU直営店のスタッフの女の子に聞いてもよくわからずあきらめたのですが、今回日本を発つ前にググってみると詳しく行き方を解説してくれている人がいたし、現地ではグーグルマップが役に立ったので、のんびり歩いて行ってみることに。

_DSC0106_DSC0107
_DSC0109_DSC0112
お互い避け合わないとすれ違えないくらいのあぜ道をしばらく行きます。地元の人と挨拶を交わすのにちょうどいい狭さ♪ 田んぼ仕事をしていたおじいさんに道を尋ねつつ、そろそろかな、と見ると、それらしき建物発見。
_DSC0113_DSC0122
おお、素敵?!と思ってそこまで行ってみたら、ん?誰もいない? 看板を見るとかつてはスパだった風の、今は使われていない建物のようです。若い男の子がいたので、一応「ここ、石けん工場・・・じゃないよね?」と聞くと、にこにこしながら「ちがうよ」と。ありゃま。

_DSC0124
引き返してみると、あったよあった。こりゃ気づかないで通り過ぎちゃうワケだ・・・という、ホントにフツウの工場でした^^

_DSC0120_DSC0117
ブラットワンギを立ち上げた日本人・MASAKOさんは不在でしたが工場(女性が数名でのんびり作ってる感じ)を見せてもらい、もちろんこれでもかっ!ってほど大量に購入してまいりました。

_DSC0125Sampai Jumpa lagi!

この日は雨上がりのせいか湿気もすごく、かなり歩いてさすがに疲れたので、帰りはタクシーをつかまえてホテルまで。

ウブドはほとんどが白タクで、道端にいる兄ちゃんやおっちゃんたちが「タクシー?タクシー?」と話しかけてきます。最初は戸惑うかもしれませんが、別にしつこくされるわけではないし、イヤな感じはしません。乗らないときは「あとでねー」って日本語で言ってりゃ問題なし。「オッケー、あとでねー」と向こうも返してくれます。もちろんメーター制ではないので最初に値段を交渉しますが、めっちゃぼったくられた!という経験も今までのところありません(ただし、相場を知っておいて、高いと思ったら交渉しましょう。ホテルやショップの人に「たとえばここからここまで行ったらいくらぐらい?」って聞いとくとかね。普通に「Mahal!(高いよ!)」とニコニコしながら言うと、けっこうすぐまけてくれますw ここで、もし感じ悪くされたら、「じゃ、いいです」って乗らなきゃいいだけの話。すぐ別の兄ちゃんが声かけてくれるので)

夜は、バリ舞踊を見ようと決めていました。ウブドでは毎晩のようにいろんな寺院でいろんな舞踊団が踊っていますが、トッキーもいることだし、やっぱ迫力のあるケチャよね。

_DSC0129_DSC0130
ケチャは、男声合唱(かけ声?)で進んでいく物語なので、ガムランの音色は聴けませんが、荘厳な夜の寺院で繰り広げられる男達のダンスや歌は、迫力満点。派手な演出を施していないだけ、人々の熱気がダイレクトに伝わってくるのです。
_DSC0132_DSC0133
もちろん、キレイどころの女性のダンスも楽しめます。
_DSC0140_DSC0144_DSC0143_DSC0142_DSC0141
トッキーは物語のラストに登場するおじさん(作り物の馬に乗っている)が、火の付いたココナッツの殻を裸足で蹴散らしてまわる(ちょっとしたトランス状態ですね)シーンが非常に印象に残ったようで(そりゃそうだ。足の裏真っ黒だったしw)、「あつくないの!? あのおじさん、なんで裸足で平気なの!?!?」と何度もつぶやいていましたw

 

_DSC0150
ホテルまで歩く道も東京にはあり得ない暗さで、これがまたウブド感たっぷり。気分がいいので、少しカフェに立ち寄りました。店内もこれまためっちゃ暗いのがウブド流。この暗さがいいのです♪ トッキーは、ここで食べたココナッツパンケーキがえらく気に入ったようで、「おなかいっぱいだったら残していいよ、どんな味か、挑戦だけしてごらん」と言うと、「大丈夫!ぜんぶ食べる!」と完食しました。少食トッキーにしては珍しいので、本当においしかったのでしょう。

「さっきのおじさん、なんで裸足なのに火の上を・・・」と相変わらず繰り返すトッキーでしたが、気持ちのいい夜の散歩とおいしいココナッツパンケーキ、そしてもちろんあのトランスおじさんも、いい思い出になるに違いありません。

 

Veronica

2016/02/12 2:55 PM LIFE〜暮らしの楽しみ

バレンタインに贈るバラ

Alfa Romeoの記事用に、バラの取材をしました。
バレンタイン発祥の地、イタリアの伝統にならって、バレンタインデーにはバラの花を贈りましょ、という提案を込めた内容(こちらからどうぞ)です。

_DSC0141 のコピー_DSC0115 のコピー

記事では、アルファレッドに合わせた深紅のバラを用意しましたが、個人的には真っ白いスプレー咲きのバラが気に入りました。

rose008

スプレー咲きなので、1輪に10個近い花がつき、とてもお得。花の大きさも小ぶりなので、日常使いにおすすめです。
逆に、特別なプレゼントのときには、一番上の写真のように深紅のバラを10本!とか、いいですよね〜。

さて、「SNOW BUBBLE」と名の付いたイチオシのバラ。
_DSC0149_DSC0145 のコピー
この写真は購入から5日くらい経っているので少〜ししおれかけていますが、それでも元気。さすが、生命力の強いアフリカローズです。そして、ボリューム感も伝わるでしょうか。
こんな風に一輪挿しに活けるのもよいですが、花ごとにカットして小さめの花瓶にたっぷりと活けるのもおすすめです。
バラの花持ちをよくするために毎日1?弱くらい、茎の先端を切り戻すので、少しずつ茎が短くなっていきますよね?
そうなったときにも、短い茎のバラを小さな花瓶にたっぷり・・・というのはホントに便利です。

rose009
今回取材したのは、広尾にあるAFRIKA ROSE
広尾の商店街の少し手前にあって、トッキーと歩いていた際に発見しました。
お花大好きトッキーなので、「またあそこ行きたい」とよく言います。また行こうね〜*

***取材memo***

掲載記事:「イタリア発祥のバレンタインデー、今年はイタリア流にバラの花を贈りたい」
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/afrika-rose/

取材先 : AFRIKA ROSE 広尾店 http://afrikarose.com/
渋谷区広尾5-18-8
TEL: 03-6450-3339
11:00〜20:00(木曜定休)

Veronica

2015/12/20 12:21 AM LIFE〜暮らしの楽しみ

白いアドベントカレンダー

クリスマスまでの期間、日数を数えるアドベントカレンダー。イエス・キリストの降誕を待ち望む期間(=アドベント)に窓をひとつずつ開けてその日を待つ・・・「キリスト教徒じゃないけどクリスマスは祝いたい!」という日本人(もちろんウチもそうw)も、思わずマネしたくなる素敵な習慣です。

数年前、撮影の仕事で紙製のアドベントカレンダーをいただき、その年のアドベントをとても楽しく過ごしたトッキー。今年もアドベントカレンダーを、と考えていましたが、お菓子があらかじめ入ったヤツだったりすると紙製でも意外と高いんですよね(しかもトッキーが食べそうにないお菓子も多い)。デザインも「これ!」というのがなかなかないので「ホントにほしいと思えるものを買って毎年使ったほうがいいなぁ」と探してみると・・・
_DSC0001_DSC0016

あった! 木製の白いやつ!
本当は家やらもみの木やらのない、シンプルな単なる箱がよかったのだけど、ミニチュア好きのトッキーはもちろん大喜び。届いた日は、それこそ一緒に寝るくらいの勢いで(お気に入りのおもちゃは、必ず一緒に寝たがるw)気に入っていました。よかった!

_DSC0006_DSC0008

かなり小さい箱なので、お菓子でいうとハーシーズのキスチョコがぎりぎりかな。お菓子のほかに、レゴのパーツショップで買った小さいものを細々と。最後の24日の箱には、トッキーが大喜びしそうな小さな宝石と金塊が入っています。眠そうな目で起きてきた朝、ここを開けたらどれほど喜ぶことか、、、目に浮かぶわぁ(笑)

_DSC0004
ライトも付くので、夜も素敵です*

_DSC0026
そうそう、今年のツリーもイケアのもみの木。やっぱり生木は素敵です。根元はプラスチックのスタンドなので、そこはテーブルランナーを巻いて見えないように。布を巻くとなんかいい感じになります。

_DSC0030 _DSC0027
コードもこんな風に目隠し。ライトのオン・オフも簡単にできるように工夫しています。

 

Veronica

2015/11/01 11:24 PM LIFE〜暮らしの楽しみ

Haloween 2015

10月生まれのトッキーが1歳になったときから毎年続けているハロウィンパーティ。

あの頃はまだ、外国人の多い麻布のNATIONALだとか大使館だとか一部の飲食店ぐらいでしかハロウィンの行事なんてやっていなくて、私自身も地元の米軍基地の知り合いんちに子どもの頃に遊びに行ったとき以来、とくに仮装をするでもなく大人になりましたが、子どもが生まれてみると「仮装?いいわね、きっとかわいいわ♪」って思っちゃうもので。

去年はピーターパンを着ていたトッキーですが、それも2年続いて衣裳も小さくなってきたので、今年は「こわいのがいい」というリクエストに応じて
_DSC0191これ。

って、こわさを求めたのはパパに対してで、自分は白塗りも嫌がりましたw
_DSC0192 _DSC0196
せめて顔作って、顔! あ、もしかして作ってんのかな、この顔、こわい風に。

去年あたりから渋谷駅周辺がすごくなってるようですね。
わが家は毎年変わらぬテンションですが、せっかく世間が盛り上がっているようなので、去年からご近所さんにお願いしてTrick or Treat!をさせていただいています。

_DSC0140_DSC0141 _DSC0134 _DSC0133
トリックオアトリートー!
と、めっちゃ日本語発音でまわる子どもたちw
やっぱり、顔見知りのお宅をまわるのはワクワク楽しいようです。
こちらからお菓子を用意してお願いしてあったのですが、あちらでも追加で用意してくださっていたりして、ありがたいです。

_DSC0143 _DSC0142_DSC0146
私からももちろん。
お菓子の中にコレを仕込んでおいたら、お菓子そっちのけで無言で吹きまくる子どもたち。
なかなかシュールでございました。

_DSC0175
トッキーの誕生日の直後なので、親友けいとぽんからサプライズのお手紙とプレゼントがあったりして、ハグし合うほほえましい光景も♪ 仲が良くてよろしいわ。
_DSC0166 _DSC0170

また来年も楽しみましょ。
_DSC0198

Veronica

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.