2013/05/14 6:24 PM Life,Out Door

ピクニック


ピクニックの季節がやってきました。
我が家のキャンプはモダンスタイルですが、ピクニックはトラッド・スタイル!


服装をトラッド系にするのはもちろんですが、何がトラッドかと言えば、やっぱりポイントはピクニックバスケットを 持って行くことです。
左は撮影用に借りたモノで、右は我が家の2代目ピクニックバスケットです。紙皿と陶器の食器では全然雰囲気が違うので、多少重くてもそこは頑張りどころなんです。
次に重要なのは地面にひくラグです。これが安っぽいと雰囲気が台無し。
左のラグは表地はとても柔らかいフリースで裏地は防水ナイロンの、TWEEDMILLのピクニックラグです。ちょっと高いですが、六本木のLIVING MOTIFで一目惚れ。無地のラグってなかなか無いんですよね。
右のラグ も裏地が防水のピクニックシートでAmazonで1000円で売っていたお買い得品。TWEEDMILLほどではないにせよ、表地がフリース素材なので充分柔らかいです。


そしてピクニックの最大の目的と言えば食事!
好きな物を食べれば良いかもしれませんが、ピクニックで一番大事なのは雰囲気です。おにぎりやたこ焼きは好きですが、我が家のピクニック・スタイルには合いません。僕のピクニックはスタイルを楽しむ遊びですから、ピクニックはサンドウィッチが無難。サンドウィッチは手軽でワインに合うし、雰囲気も演出してくれるので基本です。


僕の好きなサンドウィッチはJoel RobuchonやPAULなどのフランス系。イタリアンサンドウィッチなどのアメリカ系も妻によく作ってもらいます。
いつもは簡単に左の写真ぐらいですが、たまには右の様に生ハムやテリーヌやサラダを足して少し豪華にしてみるのも楽しいですよ。

 
食事が済めばあとは自然の中を散歩したり、ワインを飲んだり昼寝をしたり。酔っぱらって外で昼寝するなんてもう最高です。
車で行った場合運転手は飲めませんが、その時はデュック・ド・モンターニュ と言うノンアルコール・ワインがお勧め。味は甘口のワインと言う感じなので、サンドイッチにも合います。
ワインてワイングラスで飲みたいのですが、かさばったり割れたり、持ち運びには不向きですよね。
でもこのGSI ネスティングレッドワイングラスはプラスティック製でコンパクトに分解可能なんです。


夕方になって寒くなってきたらトランギアストームクッカー等でお湯を沸かしてティータイム。 カップスープを作ってもいいし、お湯を沸かせるコンパクトな道具があると便利です。


芝生が綺麗で静かな所へ車で行くのもいいし、近場の公園でワインを飲んで昼寝するのもいいし、春はピクニック三昧の予定です。

FIAT CULTURE MAGAZINE
「500と一緒にピクニック!」
 http://culture.fiat-auto.co.jp/green/7165

SHIge

2012/09/12 6:32 PM Goods,Out Door

COLUMBIA CARRIER


キャンプ道具をひとまとめにして車まで持ち運ぶのにIKEAバッグは便利なのですが、わが家のモノトーン・キャンプにあのブルーはイヤだったので、ずっとモノトーンのIKEAバッグがあったらいいなぁと思っていました。でも、いつまで待っても黄色と青の派手なモノしかないので、ずっと何か代用品を探していました。
ある日RARI YOSHIOさんに渋谷でばったり会ったら、 彼女が持っているバッグがずっと探してた理想に近いモノだったので色々聞くと、イギリスのプランターバッグなのだとか。さすがRARIさん、いいグッズを色々持っている方です。
ネットで調べると、ロンドンのコロンビアロードフラワーマーケットCOLUMBIA CARRIERと言うプランターバッグで値段も安く、持ち手の付け根にプラスティック製の棒が入っているので丈夫そう。
ロンドンのモノなので日本で売ってるネットショップを探すのが大変でしたが、何とか売っているお店をみつけました。


IKEAバッグと比べても一回り大きいくらい。長い持ち手が付いている IKEAバッグと比べてCOLUMBIA CARRIERの持ち手は短いですが、ギリギリ肩に掛けられる長さです。COLUMBIA CARRIERの難点は上辺に棒が入っている為に細かく折りたためないところですが、以前IKEAバッグの持ち手が取れてしまった事があるので、頑丈さの為であればむしろ良いと思っています。


黒いテント類を入れるとバッチリです。これでわが家のキャンプは天然色とモノトーン化がほぼ完了。
IKEAに行く時もこれを持って行こうかなぁと思っています。
実は限定商品で白黒ストライプのIKEAバッグがあったらしいですが廃盤。でもCOLUMBIA CARRIERの方が渋くて断然カッコイイです。

ロンドンに行かれる方は、自分や友人のお土産にしても良いですよね。

イギリス エコバッグ【columbia carrier】
http://alljos.ocnk.net/product/2700

SHIge

2012/07/17 4:00 PM Goods,Out Door

PUMA GILITY

生まれて初めてハイテクスニーカーを買いました。
子供のころからシューズはオールドスクール派でハイテクスニーカーに抵抗感があったのですが、ローテクスニーカーで長距離を走ってみたら親指の付け根がが痛くなり、背に腹は代えられないとばかりに最新テクノロジーが詰まったジョギングシューズを買ってみました。
ジョギング初心者には、レース向けの極端に軽いモノより靴底の反発力を重視したシューズが良いみたいで、実際このシューズで走ると足への負担が和らぎ、ジョギングを休まなくても足の痛みがなくなりました。
とはいえハイテクシューズはまだまだファッションとの統合性が取れず、ジョギング専用と割り切るしかないダサイものが多いのですが、このシンプルなGILITYは日常使いにもできそうです。

PUMA GILITY
http://www.amazon.co.jp/PUMA-プーマ-ジリティー-185800-ホワイト/dp/B007EJ8D1S

SHIge

2011/11/07 10:27 PM Out Door

FIAT 500 x Pilz 7 モノトーン・キャンプ


FIAT500で大人2人+2歳児のキャンプに行ってきました。
オガワキャンパルの黒いPilz 7とFIAT500。
こんなクールなキャンプサイト見た事ありません。
頭の中でシミュレーションしていても、設営して実際に見ると、なんかキャンプっぽくなくてイイ〜って思い、うれしくなりました。


オガワキャンパルの黒いモノポールテントPilz 7、設営が思っていたより簡単でペグダウンのセットバックがないんですね。びっくり。しかも超軽い。
グランドシートの着脱も出来るので使い方が色々でき、非常に面白いテントです。
何よりブラックの円錐形がクールです。
参考商品のブラック・タープも是非商品化してもらいたいところ。タープが黄色とかだったら、この世界観は台無しですもん。


FIAT500でキャンプする一番のポイントはテーブルとチェアー。これさえコンパクトならFIAT500でも余裕でキャンプができます。
逆に言うと、普通のキャンプ用品のチェアーやテーブルでは2人キャンプまでですかね。キャリアとかあれば別ですが。
このオガワ・フォールディングローチェア、超ローポジションなので足を投げ出せば地面がオットマン替わりになって、意外と一般的なアウトドア・チェアーよりも楽かもしれません。座面が低いから幼児にも座りやすく、息子もお気に入り。ブラックが廃盤らしいので、是非復刻してほしいです。


調理器具はツーバーナーは乗らなそうなので、トランギアのストームクッカーのみ持参。
あんまりマジ料理に使ったことなかったのですが、結構いけるかもしれません。
他にシングルバーナーが1つあれば問題ないですし。
クスクスってキャンプで食べると最高に美味しいです。
なにはともあれ、キャンプでも美味しいものが食べたいですよね。


コンパクトにこだわっても、皿だけはキャンプ用のチープな物にしないで、陶器やグラスを使うとラグジュアリー感が増します。
このサイトに紙皿や割り箸なんて、絶対ダメです。
ブラック・サイトに合わせてギネスにしたのですが、ハンバーガーと黒ビールって美味しいですね。
山の中で食べるハンバーガーとビール、最高です。


大人2人+2歳児での荷物はこんな感じ。春夏秋装備ではまだ余裕があります。
冬装備だとパッキングに頭を使って、慣れてる人なら行けますかねぇ。


このブラック・サイトで飲むと、アウトドア・ラウンジって感じで、お酒もすすみました。


FIAT500でキャンプ、すごくオシャレで500オーナーさんにすごくお勧めしたいです。
息子も、「ちんくえちぇんと」が大好きになりました。

FIAT CULTURE MAGAZINE
500 で行くモノトーン・キャンプ 前編
http://culture.fiat-auto.co.jp/travel/2515 
500 で行くモノトーン・キャンプ 後編
http://culture.fiat-auto.co.jp/travel/2546 

SHIge

2011/07/23 6:18 PM Out Door

モノトーン・キャンプ

 


風邪などで延び延びになっていたトッキーのキャンプデビュー、やっと行ってきました。
キャンプと言えば緑や黄色のキャンプ用品で色とりどり!という感じですが、ちょっとそれではウチのライフスタイルには合いません。
わが家のスタイル、Kifaruのティピーと石井スポ-ツのGore-Texテントを中心に、モノトーン・グッズで固めたちょっと変わったデザイン・キャンプをご紹介します。


Kifaruの8manの中はこんな感じ。キャンプ・テーブルはダサイので、コーヒーテーブルをセッティング。
ティピー内は傾斜があるのでlow スタイルが基本です。
ogawaのリラックスアームチェアは低い座面で座り心地が最高です。


こちらはキャンプの定番コールマンのツーバーナー。
通常は緑のボディーに赤いタンクですが、うちのは414limitedというブラック×シルバーのヴィンテージ物。
トランギアのストームクッカー・ブラックバージョンとも相性抜群です。


コールマンの黒いランタン、model229
ガソリン・ランタンとしては1番の小型なので、サブ・ランタンでしか使えないと思ってる方も多いですが、わが家の場合はキャンドルを活かした暗めの照明にするので、充分にメイン・ランタンとして使ってます。


コールマンと言えばガソリン・ランタンやガソリン・バーナーが有名ですが、このステンレスのスチールベルトクーラーも名品です。うちのはスポーツオーソリティー別注のシリアル入り限定バージョンなので、通常赤いロゴがシルバー×ブラックのロゴなんです。


リラックスアームチェアでリラックスしながらシャボン玉をするトッキー。
朝は涼しい日陰でのんびり過ごします。


昼間は渓流で水遊び。冷たくて気持ちいい!


dannerのGore-Tex ミリタリーブーツD-5000
陸上自衛隊でも使用されている完全防水のブーツなので、川の中もバシャバシャと入っていけます。
Gore-Tex ブーツのすごいところは、完全防水なのに全然蒸れないところ。
キャンプ以外にも雨の日には必ず履く愛用品です。


わが家の定番キャンプご飯の鶏肉と野菜のクスクスとミーゴレン。
かおりの得意料理で、どちらもとても美味しくて酒が進みます。
プラスティックのキャンプ用食器では美味しそうに見えないので、黒い陶器製の食器に盛りつけます。
もちろん飲み物はグラスに注いで。
それだけでキャンプもケイタリングのように、優雅な雰囲気になるもんです。

こちらがキャンプ料理をケイタリングに高めてくれる、かおりシェフ。



2日めは、朝からお酒飲んでラブラブしてポテトチップス食べてお昼ご飯食べて、
ダラダラ、グダグダ、のんびり過ごします。
もちろん服もモノトーン。
こんなにリラックスできるのも、好きなキャンプグッズに囲まれてるからかもしれません。
モノトーン・キャンプでのんびりな夏の週末でした。

SHIge

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.