2017/02/27 3:04 PM Goods

鏡面仕上げの商品撮影


カトラリーセットMOOD by Christofle。
鏡面仕上げの商品撮影はただでさえ難しいのですが、この商品は楕円形の鏡面仕上げの上に、ロゴが正面に入っていると言う、写真屋泣かせの商品です。
本来ならカメラや室内全てが映り込む商品です。そしてカメラが写る部分にロゴが入っているので、複数撮影とレタッチなしでは不可能な被写体です。
本家のサイトを見ていただくと分かりますが、鏡面の部分に室内が全て映り込んでいます。カメラだけは消していますね。自然な状態と言えば自然なんですが、商品の形が分かりにくいのと、あまりゴチャゴチャ映って綺麗に見えません。
そこで、映り込みを活かしたり消したりして、鏡面であると言うのをうまく表現してみました。
映り込みを全て無くすとつや消しみたいになってしまうので、どう表現するかが腕の見せ所です。

mondo alfa
1830年創業、「クリストフル」のカトラリーが実現する食卓のエレガンス
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/1830年創業、「クリストフル」のカトラリーが実現/

SHIge

2017/02/09 6:30 PM Goods

和食も引き立つリチャード・ジノリのベッキオ・ホワイト


 Richard Ginoriリチャード・ジノリはカルロ・ジノリ侯爵が1735年に創業した貴族の為のお皿。
その中でも一番のお勧めは大定番のベッキオ・ホワイト。イタリア語だとヴェッキオ・ビアンコですね。
300年近く前から変わらないデザインは驚きです。

ベッキオ・ホワイト、和食も洋食も引き立てるし、普段の食事も何だか高級に感じられる威力があります。左のラウンドのプレートは4500円。右のスクエアプレートは5000円。リチャード・ジノリは超高級なイメージですが、意外に買えない値段ではありません。


ベッキオ・ホワイトを特徴付けるこのレリーフは型押しですが、その型自体は職人の彫刻による手彫り。
型は20回程使うと廃棄するそうで、大変な手間です。
僕は金型で大量生産しているのだと思っていましたが、大変な間違いで、完全なハンドクラフト製法なのです。
工房に至っても300年前とさほど変わらない設備だそうで、大量生産出来ないのだとか。どれ1つ完全に同じ物はなく、それぞれがアナログでしか出せない揺らぎを持っていると言う事ですね。
300年の伝統を受け継ぐ手間の掛かった職人技で作られた食器、そう考えると実はリチャード・ジノリのベッキオ・ホワイトは超リーズナブルだと言えます。


ベッキオ・ホワイトには日本限定のこんな焼き魚にピッタリの角皿もあります。
これも限定ですがベッキオ・ホワイトの箸置きなんかもあって可愛いですよね。
人気商品なので、気に入ったなら見つけ次第入手する事をお勧めします。

リチャード・ジノリが日本で大人気なのは、伝統と職人技と言う日本とイタリアの共通項が、日本人には直感的に分かるのかも知れません。

 

 

mondo alfa
300年育んできた知性と感性が息づく洋食器の定番「リチャード ジノリ」、和にも洋にもなじむ美しさ
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/300年育んできた知性と感性が息づく洋食器の定番/

SHIge

2016/07/19 1:08 PM Goods

LOCMAN 腕時計の撮影

locman002

イタリアはエルバ島の腕時計メーカーLOCMAN。
ムーブメントまで製造するマニュファクチュールです。

フラッグシップのMONTECRISTO(29万8千円)は、100M防水のダイバーズウォッチなので、風化造礁珊瑚の上に置いてみました。
シリコンストラップでカジュアルなイメージですが、どっしりとなかなかの造りです。
腕時計の撮影は、ベゼルや針は光らせますが、ガラスケースが光ると文字盤が写りません。でもこれらは同じ角度にあります。
なので、広告写真の様にするとなるとphotoshopが必要になってきます。
ライティングもシビアです。撮影時間もかかります。
でも今回一番時間を取られたのは珊瑚を敷き詰める作業。簡単な様で自然のモノを自然に見せるって意外と難しいですね。

locman008
レディース仕様の1960。(3万4千円〜)
イタリア語読みはミッレノヴェチェントセッサンタ。絶対覚えられそうにありません。
シンプルなデザインと50M防水など、オシャレと実用性を兼ね備えています。
平置きなので、ライティングは複雑ではありませんが、カラーバリエーションの集合撮影は一色一色補正する手間があります。実物の時計の色を見ながらMacの画面とにらめっこです。
どのメーカーのデジカメでも、撮りっぱなしでは実物の色にはならないんです。たとえ中判デジタルバックでも。
良い写真の条件とは、対象がキレイに見えるライティング、実物に近づけるレタッチ、対象が映えるスタイリング、が基本です。
腕時計の撮影は映り込みなど難しい分、これが撮れれば商品撮影が出来る、試金石かもしれません。

 

FIAT CULTURE MAGAZINE
美しきエルバ島生まれの腕時計「LOCMAN」、キャンペーンに応募してあなたの腕に!
http://culture.fiat-auto.co.jp/lifestyle/12954

SHIge

2016/07/13 5:29 PM Goods

Persolのサングラス

persol001

レイバンと人気を二分するイタリアのサングラス、ペルソール。
世界中の映画スターがこぞって着用する創業1917年の老舗メーカーです。

 

persol002
ペルソールの代表作「649」。
1957年から続く大定番。
マルチェロ・マストロヤンニが劇中で使用し、世界的人気に。

 

persol003
スティーブ・マックイーンが映画でもプライベートでも愛用した「714」。
世界初のフォールディング・サングラスです。
専用のケースがありますが、そのままなら胸ポケットに入るコンパクトさ。
649と外見はほぼ一緒ですが、常に持ち歩くならこちらの方が便利そうです。

persol009
649や714はノーズパッドが着いていません。
ですので、鼻の低い日本人は、頬でキープする感じになります。
それでも、60年変わらない普遍的デザイン、流行に左右されない格好良さ。
ペルソール、欲しくなる逸品です。

 

Mondo Alfa
サングラスの礎を築き、レーサーにも名優にも愛されたHand Made in Italy「ペルソール」
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/サングラスの礎を築き、レーサーにも名優にも愛/

SHIge

2016/05/04 4:00 PM Goods

ボレッリのシャツ LUIGI BORRELLI

luigi_borrelli001
イタリア王家御用達の老舗シャツメーカー、ルイジ・ボレッリ。
これはス・ミズーラというオーダーメイドシャツです。

luigi_borrelli002luigi_borrelli004
動きに関係する首や肩周り、ボタンやボタンホール等が手縫いで作られています。
パーソナルオーダーは45,000円〜ですので、なかなか高級なシャツですが、イタリアのマンマが丁寧にミシンワークと手縫いを駆使して作ってると思うと、リーズナブルですね。

luigi_borrelli003
タイト・シルエットでも最高の着心地で、凛とした面持ちを演出してくれます。
フォーマルはもちろん、カジュアルに着ても上質な雰囲気が感じられます。
こういうシャツはいざという時に、一枚持っておくといいかもしれませんね。

 
Mondo Alfa
熟練の職人が丁寧に仕上げる「世界最高」のハンドメイドシャツ、ルイジ ボレッリ
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/熟練の職人が丁寧に仕上げる「世界最高」のハン/?ref=fb160428ar

SHIge

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.