2016/05/04 4:00 PM Goods

ボレッリのシャツ LUIGI BORRELLI

luigi_borrelli001
イタリア王家御用達の老舗シャツメーカー、ルイジ・ボレッリ。
これはス・ミズーラというオーダーメイドシャツです。

luigi_borrelli002luigi_borrelli004
動きに関係する首や肩周り、ボタンやボタンホール等が手縫いで作られています。
パーソナルオーダーは45,000円〜ですので、なかなか高級なシャツですが、イタリアのマンマが丁寧にミシンワークと手縫いを駆使して作ってると思うと、リーズナブルですね。

luigi_borrelli003
タイト・シルエットでも最高の着心地で、凛とした面持ちを演出してくれます。
フォーマルはもちろん、カジュアルに着ても上質な雰囲気が感じられます。
こういうシャツはいざという時に、一枚持っておくといいかもしれませんね。

 
Mondo Alfa
熟練の職人が丁寧に仕上げる「世界最高」のハンドメイドシャツ、ルイジ ボレッリ
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/熟練の職人が丁寧に仕上げる「世界最高」のハン/?ref=fb160428ar

SHIge

2016/04/10 2:54 PM Goods

Kyosho FIAT500 1/64ミニカー

kyosho_fiat500_014
全国のサークルKサンクス限定発売のKyosho製新旧FIAT500ミニカー。
トミカサイズに近い1/64スケールですが、大人向けでとっても細かいです。

kyosho_fiat500_003kyosho_fiat500_002
とにかく大人用のモデルカーですから、細部がすごいです。
トミカなどの子供向け設定だと、ST基準などの法律から頑丈にしなくてはいけないので細かく作れないのだそう。ウチの子も缶コーヒーのオマケなんかは良く壊してます。なのでトミカの頑丈さは親としては感心するレベルです。でもそこに慣れてるので、本当はここまで細かく作れるんだなぁとKyosho製にも感心してしまいます。

kyosho_fiat500_009kyosho_fiat500_010
ヘッドライトやテールランプはクリアパーツでとってもリアル。
バンパーもクロームで別部品です。
すごいのは、FIATのエンブレム。
肉眼では見えないくらいですが、拡大するとちゃんと読めます。

kyosho_fiat500_011
ホイールも再現されていて、センターの500のマークも見えます。いや肉眼では見えません。
 kyosho_fiat500_008kyosho_fiat500_007
旧型のヌオーヴァ。
こちらもクリアパーツやエンブレムまで細かい。

kyosho_fiat500_015
秘蔵のイタリア風景のジオラマに設置してみました。
現行の500もかなりコンパクトですが、旧型のヌオーヴァ500は本当に小さい。
どちらも1/64スケールなので、新旧の大きさも実物に忠実です。

kyosho_fiat500_006
このクオリティーで1台800円ですから、何色か揃えたくなりますよね。
ちなみにブラインドボックス入りなので、何が出てくるかは分かりません。
でも、近所のサークルKを回りましたが全然売ってませんでした。
意外と入手困難です。
多少プレミアがついても、ヤフオクなどで入手するしかないですかねぇ。

FIAT CULTURE MAGAZINE
新旧「FIAT 500」を精密に再現したミニカー登場。サークルK・サンクスに走れ!
http://culture.fiat-auto.co.jp/lifestyle/12626

SHIge

2016/04/07 1:31 AM Goods

la Pavoni

lapavoni001
パヴォーニの撮影をしました。
以前はメーカー名も忘れた安いエスプレッソマシンをスタジオで使っていたのですが、エスプレッソは後片付けが面倒くさいので、外で飲む様になりました。
でも、パヴォーニだったら面倒くさくても、欲しくなっちゃいますね。

lapavoni003

鏡面ボディーの美しさとか、蒸気圧計の格好良さとか、男心をくすぐって止まないデザインです。
パヴォーニは、ボタン一つで淹れられる最近のエスプレッソマシンと違って、扱いが難しいそう。そういうところも、男の征服欲とか所有欲をくすぐります。

lapavoni012lapavoni002
蒸気のミルクフォーマーも装備されているのでカプチーノも作れますが、エスプレッソだけ淹れるなんてハードボイルドな使い方もありな気がします。
パヴォーニは基本家庭用なんですが、これを何台も並べたバールが何店もイタリアにはあるそうです。
使いやすさよりカッコよさに生きる、さすがイタリア人ですね。

 

Mondo Alfa
美しき手動レバー式エスプレッソマシンla Pavoniで自分だけの一杯を淹れる
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/美しき手動レバー式エスプレッソマシンla-pavoniで自分/

SHIge

2016/02/29 5:44 PM Goods

FIAT500 チョロQ zero

choroQzero001
FIAT500チョロQ zeroの撮影をしました。
チョロQ zeroはタカラトミーの普通のチョロQではなく、関連会社のトミーテックが企画販売する大人向けチョロQです。
子供向け製品は、法律で外れる部品がないようにしなければならないらしいのですが、チョロQ zeroは大人向けなのでディテールが細かいのです。
金型もタカラトミー製とは別に新たに作ったそうです。
背景はこれまた大人用トミカ、トミカリミテッドのジオラマなんですが、チョロQにもぴったり。でもこれ廃番でけっこうプレミアが付いていたりします。

choroQzero002
このFIATのロゴマークなんかは、肉眼では見えません。
でもアップにするとちゃんとFIATって読めるんです。


choroQzero004
このポリスカー・シリーズなんて、自分でサイドミラーが取り付けられるように部品が付属しています。旧型のイタリア警察のチンクは、ピンセットを駆使してもミラーを接着剤で取り付けるのがものすごく大変でした。子供には絶対無理でしょう。

choroQzero003
チョロQのウィリー走行は10円玉のサイズに設計されているのですが、イタ車なのでユーロがいいなぁと思い色々試してみたら、50ユーロセントがピッタリりでした。
チョロQzero、完売したら廃番だそうなので、FIAT500ファンは見つけたら買わないとですね。

FIAT CULTURE MAGAZINE
かわいすぎて “大人買い” したくなる、FIATの「チョロQ zero」
http://culture.fiat-auto.co.jp/lifestyle/12507

SHIge

2015/12/17 5:03 PM Goods

Santa Maria Novella CINQUANTA

santa-maria-novella

サンタ・マリア・ノヴェッラの香水チンクアンタ。
フィレンツェと京都の姉妹都市50周年を記念した新作です。
チンクつながりでFIAT CULTURE MAGAZINEで紹介しています。

ACQUA DI COLONIA CINQUANTASPRAY BORSETTA
チンクアンタのオフィシャルの写真も僕が撮らせてもらいました。
http://www.santamarianovella.jp/2index/topics/1445830465.html

santa-maria-novella_party
チンクアンタの記者発表の記録係としても呼んでいただきました。パーティーはPassion Foods Catering http://www.passion-foods.comという、とてもレベルの高いケータリングで、イタリア大使館の空気感といい、ラグジュアリーな世界観を垣間見ることが出来ました。

SPRAY BORSETTA002
チンクアンタは、流行に流されない普遍的な香りで、甘く優しく、でも力強い香りです。
付けると、自分の香りで癒されます。

今僕が付けてる香水はどれもお勧めなんですが、↓
——————————————————————————————
「門外不出だったカプリ島の「伝説の香水」カルトゥージアを、大切な人への贈り物に」
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/2015/05/08/門外不出だったカプリ島の「伝説の香水」カルト/
「LELABOで出会える、自分の香り」
http://culture.fiat-auto.co.jp/fashion/2104
——————————————————————————————
しばらくはサンタ・マリア・ノヴェッラの香水を付けると思います。
FIAT CULTURE MAGAZINE
「世界最古の薬局サンタ・マリア・ノヴェッラから、京都と関わりのある新しい香り「チンクアンタ」誕生」
http://culture.fiat-auto.co.jp/lifestyle/12333

 

 

SHIge

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.