2016/03/03 4:06 PM Life

息子のぬいぐるみ

sleep_tokiwa
7歳の今でも、ぬいぐるみを抱きしめて眠るトッキー。
親バカと言われようが、もう激カワな天使としか言えません。
トッキーはたまに僕らと一緒のベッドで寝たがりますが、小さい頃から基本はソファーで一人で寝る方が好きみたいです。
でもぬいぐるみは全員一緒じゃないとダメらしく、誰かいないと「ワンワンはどこ?みんなと一緒に寝る」といいます。
2歳くらいのころ、最初のぬいぐるみ、クマのヴィンスをカフェに忘れてきてしまい、「ビンシュがいない」と大泣き。明日取りに行くよと言っても本当に寝ないので、夜中に渋谷から青山一丁目のカフェに、タクシーでヴィンスを取りに行ったこともありました。
ウチは白黒縛りがある家なので、カラフルなモノは買ってもらえません。なので、出先で白黒グレーなぬいぐるみを見つけると、「これはウチのだよね?」と言われてしまい、ヴィンスからちょこちょこと増えていきました。ウチはキャラモノも禁止なのですが、まさか白いチェブラーシュカがあるなんて!色々と出会いのある仲間達です。
最近はこのメンバーに満足なのか買い足していません。
昼間はオモチャで遊び、ぬいぐるみにはまったく手を付けませんが、寝入る時は毎晩いつも一緒。こうやってみんなを抱きかかえて寝ます。朝起きる時には、お尻に敷いていたり床に落ちていたりバラバラですけど。
最近は成長してきて、お友達に自分の大事なオモチャも貸せるようになってきましたが、ぬいぐるみ達は「僕の宝物だから返して。」と言って絶対貸しません。オモチャとは違う特別なアイテムなようです。
毎晩、ママにお話を聞かせてもらい、パパにマッサージをしてもらい、幸せそうにぬいぐるみを抱きしめながら寝る子供の寝顔は、1年生でも赤ちゃんと一緒。
今日もおやすみトッキー。

SHIge

2016/01/06 2:51 PM Life

謹賀新年

2016
あけましておめでとうございます。
昨年は平凡で平和な日々でした。今年も平凡で平和な一年になればと思います。
我が家の平凡な日々がIKEAマガジンで紹介されています。
最後の家族写真だけセルフタイマーで撮った僕の写真です。
http://www.ikea.com/sa/en/catalog/categories/departments/decoration/roomset/201612_idip02a/

自分で撮った写真はセルフでもナチュラルなんですが、プロでも他人に撮ってもらうとヤラセ感が出てしまいますね。
キドウエ家はモデルに向かないと分かったので、今年はアイドルを目指そうと思います。
今年もよろしくお願いします。

SHIge

2015/01/27 12:24 PM Life

宝泉院と三千院

housen_in001
京都も大原まで離れると、観光地といえども喧騒から逃れられて、お勧めのスポットです。
宝泉院の額縁の庭園は、抹茶を飲みながら柱を額に見立てて庭の景色を眺めます。
建物の中にいるぶん、逆に庭の空気が伝わってくる感じがします。

housen_in005
知ってはいたけど初めて聴いた水琴窟。
庭の緑と響き渡る水琴窟の音で、アンビエントな気分です。

housen_in010
housen_in008
宝泉院にはもう一つ、2005年と最近の作庭ですが結構かっこよい石庭があります。
石庭好きの僕としては、ここが1番気に入っていたりします。

sanzen_in001
三千院自体は大きい建物をぐるっと通って拝観しますが、やはり最後の庭園が1番のお勧め。

sanzen_in004sanzen_in006
苔と木しかない庭ですが、その何もない感じがいいと思える庭です。
山なので回りは静かだし、そんなに人もいないので、本来のお寺の雰囲気が伝わってきます。お寺のゆったりとのんびりを体感できるところでした。

FIAT CULTURE MAGAZINE
庭を眺め、時間に身を任せる京都のひととき 〜宝泉院と三千院〜
http://culture.fiat-auto.co.jp/travel/11211

SHIge

2015/01/09 12:55 PM Life

伏見稲荷

fushimiinari
伏見稲荷は京都の有名な観光名所の中では1番好きな場所です。
入り口近くにある有名な千本鳥居を過ぎても、延々と山全体に朱色の鳥居が並び、幻想的な世界が続きます。

fushimi_inari002
いつまでも続く階段と鳥居。途中で引き返す人も多いせいか、奥に進むほど人けも無くなり自分と鳥居だけの世界になります。
1時間くらいかかったでしょうか、僕らは頑張って1周しました。
何故か鳥居が続くと言うだけで、飽きずに進めました。トンネルの閉塞感もなく、かといって開放感もなく、決まった道に誘われている感じです。

伏見稲荷013
最後は息子撮影の幻想的な写真で。
脳内ではこのイメージに近い体感だった気がします。

Mondo Alfa
美しき朱色の鳥居が世界の美意識を刺激する 〜伏見稲荷大社〜
http://mondo.alfaromeo-jp.com/travel/4900

SHIge

2014/12/02 2:19 PM Life

Lily’s Closet

lily's_closet001
我が家ではキャラクター物のTシャツや、いかにも子ども向けなドぎつい原色の服などは着せたことがなかったのですが、イタリアでは一般的に子どもには大人が着てもおかしくないデザインの服を着せるそうです。

lily's_closet005
代官山にあるLily’s Closetは、イタリアを中心に大人の服のミニチュア版の様な素敵な子供服がたくさんセレクトされています。

lily's_closet007
保育園のお友達の女の子をモデルに撮影。
よい服を着せると、子どもがとても上品な印象になります。
そしてとっても可愛い。

lily's_closet011lily's_closet002lily's_closet003
トッキーもモデルさんに。
上質のニットを着てトッキーもおぼっちゃんみたいです。
でもトッキーはお洋服よりも、小道具で渡したcontaxのカメラに興味津々でした。

FIAT CULTURE MAGAZINE
子どもにこそ、上質な服を着せてあげたい 〜LILY’S CLOSET〜
http://culture.fiat-auto.co.jp/fashion/11173

SHIge

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.