2016/07/19 1:08 PM Goods

LOCMAN 腕時計の撮影

locman002

イタリアはエルバ島の腕時計メーカーLOCMAN。
ムーブメントまで製造するマニュファクチュールです。

フラッグシップのMONTECRISTO(29万8千円)は、100M防水のダイバーズウォッチなので、風化造礁珊瑚の上に置いてみました。
シリコンストラップでカジュアルなイメージですが、どっしりとなかなかの造りです。
腕時計の撮影は、ベゼルや針は光らせますが、ガラスケースが光ると文字盤が写りません。でもこれらは同じ角度にあります。
なので、広告写真の様にするとなるとphotoshopが必要になってきます。
ライティングもシビアです。撮影時間もかかります。
でも今回一番時間を取られたのは珊瑚を敷き詰める作業。簡単な様で自然のモノを自然に見せるって意外と難しいですね。

locman008
レディース仕様の1960。(3万4千円〜)
イタリア語読みはミッレノヴェチェントセッサンタ。絶対覚えられそうにありません。
シンプルなデザインと50M防水など、オシャレと実用性を兼ね備えています。
平置きなので、ライティングは複雑ではありませんが、カラーバリエーションの集合撮影は一色一色補正する手間があります。実物の時計の色を見ながらMacの画面とにらめっこです。
どのメーカーのデジカメでも、撮りっぱなしでは実物の色にはならないんです。たとえ中判デジタルバックでも。
良い写真の条件とは、対象がキレイに見えるライティング、実物に近づけるレタッチ、対象が映えるスタイリング、が基本です。
腕時計の撮影は映り込みなど難しい分、これが撮れれば商品撮影が出来る、試金石かもしれません。

 

FIAT CULTURE MAGAZINE
美しきエルバ島生まれの腕時計「LOCMAN」、キャンペーンに応募してあなたの腕に!
http://culture.fiat-auto.co.jp/lifestyle/12954

SHIge

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.