2017/07/05 1:59 PM Life

Alfa Romeo 4C spider 車両撮影


熱海で、Alfa Romeo 4C spiderの撮影をしてきました。
車両が疾走している写真は、もう一台の撮影車両を使った、併走撮影を行います。
流し撮りより走っている感じが出やすいので、オフィシャルの撮影なんかはほとんど併走撮影です。
つまり最低でも車両2台、ドライバー2人、カメラマン1人が必要です。
でもこの写真、併走撮影ではありません。


これがオリジナル画像。
車の速度は低速で走ってもらい、良く晴れて明るい日だったので、ISO100 レンズ35mm 絞りf6.3 シャッタースピード1/1000で撮影しています。
黒い車なので暗部は見えづらく、シャッタースピードは1/1000なので車が止まって見えます。

rawデータをphotoshopのCamera Rawで補正します。
多少暗部が出て来ました。


水平線を水平にします。



トーンカーブでコントラストを上げます。抜けのイイ写真になってきました。

 


明るくしたレイヤーを作り、暗部を起こしていきます。


ホワイトバランスはオートで撮ったのですが、ちょっと空が黄色いので青く補正。
これで実際見た印象になりました。


実際には黒い車は鏡の様なモノなので、空の青がこれくらい映り込んでいますが、黒い車と言うのを強調させるため、ボディーの青色を抜きます。


ここから車を疾走させます。
フィルターのぼかしから放射状を選び、うまい感じに道路が流れて見える様調整します。


放射状だとガードレールとの角度が合わなかったので、ぼかしフィルターの移動を調整して組み合わせます。この時ボディーの映り込みや車内の窓もぼかすとリアルです。


ぼかしギャラリーのスピンぼかしを使ってホイールを回転させます。


微調整をして完成。
実際に併走撮影した写真の方がリアルなのは言うまでもありませんが、公道で対向車線に出て併走撮影するのは違反ですし危険ですから、photoshopでレタッチするのが現実的です。

SHIge

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.