2016/11/30 11:18 AM gourmet

青森名物 ヒラメの漬け丼

ヒラメ丼001
ヒラメの漬け丼は青森の新名物です。
有名なのは八戸市にある 行列する人気店「みなと食堂」ですが、今回撮影したのは鰺ヶ沢町のヒラメの漬け丼です
ヒラメの水揚げが盛んな鰺ヶ沢町ではヒラメの漬け丼を町の新名物にしています。
ヒラメ丼002
ヒラメは、2,3日熟成させた刺身、新鮮な刺身等、店によって特色があります。みなと食堂の漬け丼は注文を受けてから漬けるそうですが、この商品は通販の冷凍物なので、もっと良く漬かっている印象です。
ヒラメだけでも美味しいですが、お好みで具材をトッピング。
撮影では、きざみ海苔、小葱、白胡麻、ウズラの卵黄、ワサビにしてみました。海苔と胡麻の風味が食欲を掻き立てます。このトッピングはかなりお勧めです。

ヒラメ丼003

もちろん、撮影後に食べました。
甘みと醤油味の良いバランス、身にしっかり味が付いていて、プリプリ歯ごたえのある食感。
正直かなり美味しいです。
漬けはご飯との相性が抜群ですね。
さらに卵を崩して食べるとマイルドになって、これまた絶品。
ヒラメはあっさり味なので、ワサビも相性がいいですね。
ひつまぶし方式で最後に昆布出汁をかけて、出汁茶漬けにしても良さそう。
もともとマグロや鯛の刺身の漬けが大好きなのですが、ヒラメの漬けはかなり美味しいです。最近は超低温の冷凍技術で釣れたてを冷凍するそうですが、ヘタに生のお刺身を買うより冷凍物の方が美味しいんでしょうか。バサバサしたような冷凍っぽさは全くありませんでした。
でも新鮮なヒラメの漬け丼は、やはりもっと美味しいんでしょう。ちょっと青森に行ってみたくなりました。

SHIge

2016/10/03 6:04 PM gourmet

生ハムの王様クラテッロ・ディ・ズィベッロ

culatello_di_zibello001
生ハムの王様と呼ばれるクラテッロ・ディ・ズィベッロ。
その中でも駒場のピアッティが扱っているのは、ズィベッロで一番と名高い生産者マッシモ・スピガローリ氏のクラテッロ。
王様の中の王様と言うだけ合って、甘い香りとしっかりとしたコクは一般的な生ハムとは雲泥の差があります。薄く切って食べるせいもありますが、肉肉しさはなくフワリとした口溶けはデザートの様でもあります。

culatello_di_zibello002
ズィベッロ村の臀部(クラテッロ)と言う名のDOP原産地名称保護制度の特産品ですが、他の生ハムと何が違うのか?と言うと、最大の特徴は表面をビッシリと覆ったカビ。ズィベッロ村特有の湿度がカビを育て生ハムを熟成させるので、この地以外ではこの味にならないと言うわけです。

culatello_di_zibello003
生ハムは何年も熟成させたモノが美味しいですが、食べる時は切り立てが一番。
駒場のピアッティでは、厳選されたクラテッロ・ディ・ズィベッロを極薄切りでスライスしてくれます。本当にキレイに極薄切りに出来るのは、日本で数人しかいないのだとか。
成城のサルメリア69にしてもそうですが、本当にスライス職人の腕で味がまるで違います。サルメリア69はクラテッロ・ディ・ズィベッロを扱っていないので、日本でクラテッロ・ディ・ズィベッロを最高に美味しく食べるにはピアッティ1択と言っても過言ではないかも。

culatello_di_zibello004
ピアッティではクラテッロ・ディ・ズィベッロ100g6000円ですが、30g1800円から販売しています。高くてもそれに見合う味ですので、たまに贅沢して食べたくなります。

mondo alfa
生ハムの王様「クラテッロ・ディ・ズィベッロ」を提供する東京・駒場の「ピアッティ」
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/生ハムの王様「クラテッロ・ディ・ズィベッロ」/

SHIge

2016/09/29 12:13 PM gourmet

テスタローリ

toscaneria001
恵比寿のトスカーナ料理専門店、トスカネリアで食べられる世界最古のパスタ、テスタローリ。

toscaneria002
作り方はユルユルの生地をクレープの様に焼き細かくカット。
その後食べる前に、さっとお湯で茹でるだけ。

toscaneria003
ペストジェノベーゼと和えるのが、最もポピュラーな食べ方。
食感はモチモチしていてパスタよりは柔らかく、小さな子供も食べやすい感じです。
でもコシがないわけでもないので、もちろん大人にも食べやすく美味しい。
素朴なんだけど、ジェノバソースがしっかりした味なので、本当にしっかり美味しいです。何よりも他のどのパスタや麺類とも違う食感が驚きです。
ちょっと家でも作ってみたい逸品です。

 

mondo alfa
世界最古のパスタ「テスタローリ」も味わえる、トスカーナ料理の名店「トスカネリア」
http://www.alfaromeo-jp.com/mondoalfa/世界最古のパスタ「テスタローリ」も味わえる、/

SHIge

2016/08/21 6:17 AM gourmet

ピッツァにはビール!

pizza_birra
イタリア人はピッツァを食べる時はワインではなくビールなんだそう。
イタリアでも流行のクラフトビールのブリュワリーは色々ありますが、ピッツァはそもそも大衆食なので、モレッティとかペローニとかピッツァに合わせるのはフツーの大衆ビールなんだそうです。有名なナポリのダ・ミケーレでもピッツァ1枚4ユーロ500円以下ですから、バランス的にその価格帯以下のビッラ(ビール)ということでしょうか。
ワインなんか飲んでると、ピッツァ食べるのに何気取ってるんだアイツ!?みたいな風にイタリア人には思われるんでしょうかね。別に何飲んでもいいじゃないかと思いますが、イタリア人ってそういう細かいルール縛りみたいなものが好きですよね。例えばカプチーノは朝昼で、夜に飲んじゃイケないみたいな。寿司にコーラはないだろう!?みたいな感じですかね。まぁそういう気質がイタリアの伝統を育んでるのかもしれません。
僕もアメリカンピザにはビールですが、イタリアンピッツァにはワインでした。それはそれで合うと思うんですがねー。
まぁでもそういうことなら、これからは伝統的にピッツァにもビッラ(ビール)にしたいと思います。

 

FIAT CULTURE MAGAZINE
ピッツァに合わせるなら絶対にこれ! イタリアのビール史に名を刻む「モレッティ
http://culture.fiat-auto.co.jp/food/13043

SHIge

2016/08/18 12:42 AM Out Door

ひまわり畑

campo_di_girasole001
座間市のひまわり畑にロケに行って来ました。
息子は小さい頃に行ったひまわり畑の記憶がないみたいなので、モデルとして連れて行きました。
そしたら早朝に出発したので超おネム。このカットはボツになってしまいました。

campo_di_girasole002
以前に行った新潟県津南町のひまわり畑。
広大な畑にずっと続くひまわりは圧巻でした。

campo_di_girasole003
通路の中は迷路の様になっていて、走り回った思い出の写真です。

campo_di_girasole005
今回座間のロケは梅雨の真っ只中でした。
8月の記事に合わせるには雨が降らないのはこの日しかないみたいな日で、雨は降って無くても見事などんよりした曇り空。
全然爽やかなお出かけイメージじゃないですよね。
campo_di_girasole004
しかたなくphotoshopでコチョコチョ。
すっかり晴れて気分爽快です。めでたしめでたし。

FIAT CULTURE MAGAZINE
各地でひまわり祭りが開催 夏は愛するFIATでひまわり畑へドライブ
http://culture.fiat-auto.co.jp/drive/13030

SHIge

 

mail to | RSS2.0
© 2008 matricaria All Rights Reserved.