2020-01-16

ローマのカルボナーラ。本場の味をおうちで再現!

「本場のカルボナーラ」に必要な材料は?

本場ローマの「カルボナーラ」をおうちで再現してみましょう!
材料は、パンチェッタ、パルミジャーノ、卵、黒胡椒だけ。
(オリーブオイルと塩は適宜)

とてもシンプルです。だからこそ、材料選びがホント〜に大切!

※ポイントは「本当においしいローマのカルボナーラに必須の材料3つとは?」にまとめました。

 

材料(2人前):

*スパゲッティ200g程度
*卵黄4個分(もしくは、卵黄2個分+全卵1個分など、黄味の濃さによって調整)
*パンチェッタ(入手できればグアンチャーレ )40g
*パルミジャーノ・レッジャーノ(入手できればペコリーノ・ロマーノ)30g以上
(最後にふりかけるトッピング用は別途用意!)
*塩適宜 (パンチェッタとパルミジャーノの量が充分なら塩はほぼ不要)
*黒胡椒 お好みでたっぷり!

下準備:

●たっぷりのお湯をわかし、塩を加えておきます。
※塩は湯量の1〜0.8%。けっこう多めです。
家庭で作るとたいてい塩が少ないので、最初は量って適量を知りましょう。

●パンチェッタを適当な大きさに切ります。
※ローマでは「肉〜!」って感じで大きめサイズの店が多いです。

●パルミジャーノ・レッジャーノをたっぷり削っておきます。
※粉末状のパルミジャーノを購入してもOK。
ただし、クラフトのパルメザンチーズはベツモノなのでNGですよっ。

●お皿を温めておきます。

作り方:

1)ボウルに卵黄を割り入れ、削ったパルミジャーノを加えて
ホイッパーでしっかり混ぜ合わせる。

2)フライパンにオリーブオイル(分量外)を少量しいて
パンチェッタを弱火でじっくり焼く。
香ばしい匂いがしてカリカリになったら火を止め、
1)のボウルに脂ごと加える(ただし脂が多すぎるようなら適量で)。
※ここで一度味見をし、塩気が足りなければ適宜、塩を足す。

3)スパゲッティをアルデンテ(指定の時間より1〜2分少な目)に茹でる。
茹で上がったらお湯を切り、2)のボウルでソースと和える。
※2)のフライパンにソースを移してスパゲティと一緒に加熱してもよいが、
卵黄がかたまるとボソボソしたそぼろ状になるので要注意。

4)温めておいたお皿に高く盛り付けたら
たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノと黒胡椒をかけてできあがり!

↑こちらはローマの名店「ロショーリ」のカルボナーラ。 イタリアの卵黄は黄色いので、カルボナーラもきれいな黄色です。

***Tips***

・肉はグアンチャーレかパンチェッタ
・チーズはペコリーノ・ロマーノかパルミジャーノ・レッジャーノ
・卵は良質なものを黄味だけ
・生クリームは不要(なめらかさを保持するため少量使うのはOK!)

正しい材料さえそろえれば失敗なくできるレシピなので、
ぜひぜひ作って、味わってみてください!

本当〜においしいですよ♥